カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

2019年、超大事な開幕戦で巨人を破り勝利を飾る

   

今年のカープの開幕戦は非常に重要な意味を持つと思って見ていましたが、無事に開幕戦で勝利を飾ることができました。

大瀬良大地が初の開幕投手

今年の開幕投手は去年の最多勝投手の大瀬良。名実ともにしっかりカープのエースの座を掴み取りました。

オープン戦をしっかり調整の場として活用して、開幕戦にドンピシャで調子を合わせてきました。初の開幕投手ということで精神的なスタミナもだいぶ消耗したとは思いますが、8回を無失点に抑え、チームに勝ち星をもたらしてくれました。

個人的になによりすごいと思ったのが、限られた持ち球を極限まで磨き上げることで、あそこまで完璧なピッチングに仕立て上げたところです。

今日の大瀬良はピッチングの大部分をストレート、カットボール、スライダーという3球種で構成していました。たまに目先を変えるカーブを投げたり、要所ではフォークを投げたりしていましたが、基本はストレートとカット(スライダー)。

この限られた球種を極限まで磨き上げて内外に投げ分け、巨人打線を翻弄していました。

そんな大瀬良を上手くリードしていたのは、去年大瀬良とともに最優秀バッテリー賞を受賞した攻守の要・會澤でした。相手打者の狙いをうまく察知して、相手の狙いを上手く使って手を出させて打ち取っていました。

丸佳浩から4奪三振

どのチームにも「この選手は絶対に抑えたい」という選手がいるものですが、今日の巨人ではそれは丸でした。丸を抑える抑えないで試合の展開はかなり大きく変わってくると思っていたので、4奪三振できたことは本当に良かったです。

亀梨くんが「まさかこんな展開を想像している人はいなかったんじゃないでしょうか」といった感じのことをコメントしていましたが、今日の大瀬良と丸の力関係を見れば、この結果はまさかでもなんでもなく、至極当然の結果でした。

それくらい、今日の大瀬良は丸をしっかり抑えきっていました。

特に8回のピッチングにはかなり痺れました。吉川坂本を塁に出し、1アウト1,2塁で丸を迎えた場面でも、今日の大瀬良はビタビタのコントロールで丸が手を出せないゾーンに球を集めました。

丸は硬いバッターなので甘い球を捉えることはできますが、厳しい球を、例えば菊池のように柔らかいバッティングで拾うようなことは苦手です。丸の苦手なところに球をきっちり集めた大瀬良はさすがでした。

そしてそのあとの岡本との対戦も見事でした。

外にカットボールを投げて空振りを奪い、2球目は内角にストレートを投げてファウルを打たせ、2球で追い込みました。

あとは解説者の言うように、外のボールゾーンにスライダーやカットを集めておけばよいだろうな、と誰もが思ったと思います。

ですが最優秀バッテリーコンビの大瀬良會澤はここで内角に鋭く落ちるように見えた球を投げ、三球三振に仕留めました。これは本当に凄かったです。

8回に集中打で4点を奪った

8回は2アウト満塁から野間が内野安打+エラーで2点を追加し、會澤がセンターオーバーのタイムリーを放ち、合計4点を奪いました。

野間は今日は力が入っている感じで腰が固まっていましたが、打ち損じても内野安打になったり相手がエラーしてくれるのは野間の良いところ(のうちのひとつ)です。

もちろん理想は身体全身を使ってしっかりスイングして右中間・左中間に強い当たりを打って欲しいですが、今日の野間もまぁありと言えばありでした。

あとは安部の先制ホームランもかなり鋭いスイングで良かったです。安部は目立つ場面になればなる程結果を出す男なので、今年も目立つ男として印象に残る活躍を期待しています。

 - 戦い方, 戦略