カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

ポイントはファインプレー3連発の6回。あとヒースについて。

      2015/07/31

今日は本当に本当にナイスゲームでした。こういった試合で勝利するカープを見れるのはファンとして嬉しい限りです。

ちなみに今日の黒田は左右のコントロールが良かったです。

石原との共同作業で、ツーシームを意識している楽天打線の裏をかきスライダー、カットを駆使していました。さらにはフォーシームも良かったです。

これぞ黒田の真骨頂とでもいうべき、同じ軌道から内外真っ直ぐと3つの軌道に分かれるピッチングで的を絞らせませんでした。

5回に光った黒田のゲームメイク能力

5回のピッチングには黒田のゲームメイク能力がいかんなく発揮されていました。

1アウトから伊志嶺に出塁をゆるしエンドランで2アウト2塁になった場面。

バッターは8番の嶋。次の打者はピッチャーの辛島。この時点までは辛島がかなり良いピッチングをしていたので代打はないだろう、ということで嶋に対しては徹底した安全志向のピッチング。

この辺りの絶対間違えないピッチングというのがベテランならではというか、ただミットだけ見て投げているだけの投手とは違う点です。意図のあるボールを投げています。

仮に間違ったとしても絶対に甘い方へは行かないよう徹底して注意を払いながら、仮に間違ってもボールゾーンに外すんだ、という意識が迸る凄みすら感じる安全志向ピッチングでした。あの勝負は痺れました。

菊池、梵、新井が繰り出したファインプレー3連発

そして今日の試合の最大の山場が6回の表。

先頭の松井稼が出塁して2番牧田は完全に打ち取ったものの超ボテボテの内野安打となりノーアウト1,2塁の大ピンチ。

ここから大ファインプレーが3連発続きます。

まずは藤田のバスターをアウトにした菊池のプレー。その後のファインプレーの影に隠れがちですが、あれだけ極端なバントシフトを敷きながらあのコースの打球に追いつけるのは菊池ならではです。素晴らしかったです。

続いては梵のホーム送球。松井稼のスタートがかなり早かったですが、慌てず素早く正確にホームに送球して得点を許しませんでした。あれも素晴らしかったです。

そして極め付けが新井の超絶ファインプレー。正直打たれた瞬間はもう完全に抜けたと思いました。それを横っ飛びでスーパーキャッチする新井さん。あれは凄いです。ファースト守備は意外とないがしろにされがちですが、守備の良いファーストはやっぱり良いです。新井ならではの超一流のファースト守備でした。

正直6回に失点していたらおそらく、超ボテボテの牧田の当たりが内野安打になる辺り「流れ」が悪いとか「不運が」とか言われそうな展開でしたが、そんなオカルトをもろともしない超一流のプロの技術が凝縮された3アウトでした。

本当に美しかったです。

池谷さんにディスられた8回のヒース

そして8回にマウンドに上がったのはヒースでしたが藤田に手痛い一発を浴びました。池谷さんはかなり猛烈にディスっていました。

ただ個人的には初球の投球フォーム、というか足を上げた瞬間のフォームのバランスを見て今日は行けそうだなと思いました。

ヒースが悪い時は片足立ちになった時に身体が背中側にかたむいてお腹が出ている状態ですが、今日の初球はしっかりと体重を片足で支えられている球が多くて良かったです。

3球目の152キロの球や藤田への初球の151キロあたりはかなりお腹が前に出て背中側に身体が傾いていて良くなかったですが、全体的に見れば良いフォームで投げれている球が多かったです。

藤田に浴びた一発は残念でしたが、あの場面でストレート1本待ちのバッターに全球ストレートで勝負するのがそもそもオカシイだけです。

2点差で2アウトランナーなしだからこその配球というか、1点差だったりランナーがいればあんな配球はまずしていなかったはずでもっと丁寧に攻めていたと思います。

あそこは石原なりに「チームに勢いをつけたい」という意図があってストレートで三振を狙いに行ったんだろうなと思います。

解説の池谷さんはかなりキツイ口調で「気持ちが見えない」と苦言を呈していましたが、今日のヒースに関しては正直言ってナイスピッチングと言える投球でした。

私は選手の「気持ち」や「心」や「メンタル」など全然見えないし分からないですが、あのホームランは前述の通りストレート一本待ちのバッターにストレートを投げさせた配球によるものであってヒースの気持ちとはまったく関係がありません。

むしろ1番バッターから始まる難しいイニングをしっかり抑えたナイスピッチングでした。

 - デュアンテ・ヒース, 黒田博樹