カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

新井貴浩のカープ復帰について思うこと

      2015/07/31

新井さんが広島を出て行った時個人的には「なんて不器用で世渡り下手な人間なんだ」と思っただけでそれ以上の感情を持つことはありませんでした。

FA宣言の前年に生涯カープ宣言をした時はホントにそういうつもりだったんだろうなと思っていたし、心変わりは誰にでもあるのでしょうがないです。ホント不器用な男です。

ただ今回、阪神を退団することになった新井さんを見ているとどうも新井さんの心の根本的な部分に他人本意的な考えがあるように見えてしまいプラマイゼロの感情から若干マイナスの感情が強くなりました。

ファーストには打点王のゴメスがいてサードも西岡や今成がいて競争が厳しいのは分かるけど「もう一回競争できる環境に身を置きたかった」という発言は「ゴメスとは競争にすらならないから自分が競争できるような、出場機会が巡ってきそうな球団に行きたい」とも読めます。

FA宣言の時と今回の退団の件で点と点が線となり、新井さんは自分を変えることよりも自分を取り巻く環境を変えることで自分に何かブレイクスルーが起こることを期待するような性格なのではないかと、個人的には疑ってしまうようになりました。

もちろん野球選手は個人事業主であり稼げる時に稼ぐことが必要なので出場機会を求める気持ちも分かります。

ただ「カープでは優勝できないから優勝できそうな球団に行く」「ゴメスとは勝負できないから勝負できそうな球団に行く」というのは新井さんの心の根本部分にある大きな問題を映し出しているように見えて残念な気持ちです。

私は個人的には新井さんに期待しませんが、それでも新井さんがどうしてもカープに来たいというなら別に良いです。ただ今のカープは一塁も三塁も大激戦区なので、新井さんが出場機会を求めるのならカープよりDHのあるパリーグの方が合っています。

それでもカープに来たいと新井さんが言うなら別に良いんですが、万が一カープに来るなら個人的な感情として、少なくとも東出や栗原の年俸より安い年俸で我慢して欲しいです。

今年に関しては一軍実績を見ると新井さんの方が上だから東出や栗原よりも高年俸を貰うのも理屈としては分かるけど、東出が3500万栗原が3400万で新井が仮に5000万とか、正直言って受け入れがたいものがあります。

出戻り事例を作るという意味があるのかもしれないですが、新井さんが出戻りしたところで今後出戻りの流れができるとも限らないです。

そもそも新井さんじゃなくて金本をコーチとして招聘すればそれで出戻り事例になるんだからそっちの方がはるかに有益ではないか、と思っている自分がいます。

個人的な意見ですが、同じ自由契約なら元ソフトバンクの江尻投手の方がはるかに戦力になります。
江尻投手の二軍成績を見ると非の打ちどころがありません。
39試合 39.2回 防御率1.59 被安打17 四球5 奪三振47 DIPS2.19 K/BB9.40

リリーフ陣の層が厚いソフトバンクでなければもっと一軍でチャンスを貰えていた投手です。さらに人柄が素晴らしいので久本さんのように投手陣に好影響を与えてくれる存在だと思います。おそらく争奪戦になると思いますがぜひ参戦して欲しい投手です。

今回の記事はカープファンの総意ではなく、一カープファンである私の個人的な意見です。異なるご意見の方もいると思いますし不快な思いをされる方もいるとは思いますがご理解いただければ幸いです。

 - 新井貴浩