カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

野球は結果だけじゃなくプロセスにこそ面白みがある

      2015/07/31

トマトを愛でるでおなじみ当ブログですが、トマトに限らずスマップや平愛梨ちゃんやジブリの話などにうつつをぬかし野球の話は半分程度しか書かないこんなブログにも数少ないながら温かいコメントくださったり支持するしてくださる方がいるのは驚きに値します。不思議なものです。ありがたいです。

ときどき魔がさして野球の話しかしないことがあるのですがそうすると普段の2倍強ほど支持するの数が増えるのですが、程度が分かり興味深いです。分からないものは分かろうとしないで嘘の中に潜んだ本質を探ろうとしないで分かりやすいものばかり求める人が多くなってしまうほど情報があふれかえっているのでしょうがないですね。

パッとみてすぐ判断する。賢い選択です。

ただ、表面化された結果のみで物事を判断するのではなく、その表面化された事象がなぜ起きたのか、そこに至る経緯はどうだったのか、その選手はどういう意図でそのプレーを選んだのか。そういったところまで見ると野球の見え方も随分と違ってきます。

福井が日曜日に投げたのですが私はその試合を見ることができませんでしたので結果のみで判断してしまうと、復帰初戦は1失点完投勝利、2戦目は7回2失点、そして昨日が5回3失点なのでなんかどんどん結果が悪くなっているように見えるのですが、実際どのようなピッチングをしたのか見ていないので私はなんとも言えません。

また土曜日は大瀬良が登板していたのですが、結果だけ見るとたしかに良くなかったですが実際に見た限りではなかなか良いピッチングのように私には見えました。力みのないフォームを目指しているらしいのですがたしかに力みのないフォームからピュッとストレートが放られて良い感じでした。

今取り組んでいるフォームをもうちょっと進化させれば球速だけでなくフォームで緩急つけることも可能になるはずなので大瀬良のこれからがまた楽しみです。

結果だけを見てしまうと良かったか良くなかったか、という現在地のみでしか見ることができないですが、その結果に至るプロセスやプレーの意図に目を向けることで、今後その選手はどういう方向に向かえばプレーの質が向上しそうか、といった未来まで見通すことができて、野球の見方がまたひとつ深くなって楽しいです。

当ブログはだいたい芸能関係やトマトやジブリやヨハン・シュトラウスなどの話から入って読者をふるいにかけた後で野球の話をはじめるので、当ブログに温かいコメントくださったり支持するしてくれる数少ない奇特な人は、表面的なものに惑わされずにきちんと本質を理解できる素晴らしい人たちなのでありがたいです。

本質は往々にして見えづらいところにあったりもっともらしい嘘の裏側に忍ばせてあったりしますが当ブログを支持するしてくださるような読解力溢れる人にはきちんと分かるし伝わっているのだなぁと思いました。

 - 大瀬良大地