カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープ打線の不調には具体的な原因がある

      2015/07/31

2回の黒田に関しては結局のところ上田に対する2球目で勝負ありだったように思えます。

満塁の状況でカウントが2-0、こうなると内角でカウントを稼ぐことは危険度が高すぎるのでカウントを稼ぐ為には外寄り甘目を投げざるを得ない訳で、しかも前の打者に死球を出しているので余計に内角には投げられないです。そうなるとまぁ結果的に外寄り激甘を投げることになり案の定そのボールをガツンとやられて3点タイムリーとなりました。

黒田はメンタルがすごいのでメンタルが原因で打たれたとは思えないのでメンタル以外に打たれるべくして打たれた要因というものがあったと仮定しなければつじつまが合いません。

これが黒田じゃなければ「メンタルが原因だ」、「野手が打たないから投手はプレッシャーを受けるんだ」、という、ただそれっぽく聞こえるだけで理屈にすらなっていない暴論で片付けられる訳ですが如何せん黒田なのでメンタルを要因にできませんでした。

ちなみに普段からメンタルの話をしている人は黒田が打たれた時にどういう理由づけをするのでしょうか。「チームが打たないから黒田も重圧を感じている」とか言うのでしょうか。黒田のメンタルってそんなにヤワなんでしょうか。

それはそうとして今年のカープ打線がいまいち調子に乗れない原因も明確にはっきりと具体的に存在します。

とりあえず結論から言えば、打ち頃ゾーンからストンと変化させる球、特に落ちる球にことごとくほとんど打者全員が釣られまくる、というのが明確に見て取れるカープ打線不調の原因のひとつです。

これは去年のCS阪神戦から兆候はありました。あの時阪神バッテリーはことごとく早いカウントから落ちる球を投げ物の見事にカープの打者はガッツリ食いついて凡打を量産していました。

あの試合を見て阪神はもちろん他のチームも「カープには打ち頃ゾーンからストンと落とす球を投げれば食いついて勝手に凡打してくれるんだな」と見越してそういう配球をしているように感じられます。

今日の野間なんて見てても落ちる球に対して思いっきりフルスイングして空振りしてる訳ですが、もう完全に「打ち頃の球来た!!」で思いっきり振って「落とされた!!」となっているのが手に取るように分かります。それでもなんとか落ちる変化にギリギリついて行けるスイングもあったりそもそものスイング自体は魅力的なんですが如何せんそんなバッティングは確率が悪すぎます。

野間はルーキーなんで大目に見るとして他の打者も大体同じような凡退の仕方を繰り返しているのがちょっと凄いです。その現状に対しとりあえず見えないプレッシャーがどうのこうのとか、何かを背負いすぎているとか、訳のわからない理屈にすらなっていない抽象的でおぼろげな話は意味を成しません。不要です。

正直打線の調子が出ないことをメンタルのせいにしていても何ら解決はしないし、根本的にもう少し相手バッテリーの配球や組み立てを読んでボールの軌道を先回りして迎え撃たないと結果は変わりません。

今の時代はパソコンも随分発達してデータ分析に関しては相当やり易くなった訳ですがカープに関してはデータを取ってそれを試合で活用しているような印象がほとんど感じられません。

とりあえず全打席の球種、コースをエクセルに打ち込んで打席の左右・アウトカウント・イニング・点差・ランナーの有無など状況毎に絞れるようにするとかそういった超原始的な手法でも徹底的に傾向を探れば、それだけでもかなり色々分かることはあります。

もちろん究極のバッティングは来た球に全て対応することですがそんなのできるバッターは一握りに過ぎない訳で、基本的には配球や組み立ての傾向を頭に入れて、「この状況でこのカウントならこのコースにこの球種が来る確率が高いな。少なくともあの球種は可能性から外しておいても良いな」と分かった上で来る球の軌道を先回りして迎え打つ方が効率的です。相手バッテリーに利用されるんじゃなくて相手バッテリーの組み立て傾向を利用するバッティングです。

ちなみに盗塁の成功率が極端に悪いカープですが盗塁というのも「塁を盗む」と書く訳ですが塁を盗むには相手投手のクセを盗む必要があるし相手バッテリーの配球のクセや傾向を盗む必要もあります。

盗塁なんて成功する可能性が高い場面で仕掛けるのが定石でその為には相手バッテリーの組み立ての傾向をまず分析しておかないと話になりません。ちなみにこのあたりは巨人が得意にしている部分です。

ハッキリ言って今のカープの打者は技術はありますが戦略がありません。そんな状態ではメンタルもクソもへったくれもありません。メンタルがあったところで戦略がなければ結果は出ないですから。

そもそも去年終盤に失速したのもメンタル頼みや勢い頼み、イケイケドンドンの野球が通じなくなったからな訳です。そろそろそういう粗い野球は卒業してもう少し緻密な野球を覚えていく時期に来ています。本気で優勝するならそういう野球が必要です。

今のカープのバッティングには戦略がなさすぎて観てるのが辛いですが、ただ技術は高いものがあるのは事実です。あとはその技術を活かす為の戦略をチーム全体で徹底的に洗い出し、相手バッテリーに利用されるのではなく相手バッテリーのクセをカープが利用するような戦い方が出来ればカープはもう一段高いところに行けると思います。

メンタルとかはもういいです。まず技術と戦略です。

 - 戦略