カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープはCSを制して日本シリーズへ。そしてドラフト2016の行方。

   

DeNAとの対戦となったCSファイナルステージは試合を見れなかったので何も書かなかったですが、個人的にはここはまぁ勝てるかなぁと漠然とですが考えていました。

来年以降のDeNAは脅威ですが今年はまだ本物とは言えないですし、カープのやっている野球の方が2,3年は先を行っています。

結果だけ見ればジョンソンの完封勝利あり、野村~勝利の方程式による完封リレーあり、乱打戦を制したルーズベルトゲームあり、と勝ち方にも今のカープの強さが出ていました。

パ・リーグのCSは予定通りリーグ優勝チームの日本ハムファイターズが勝ち上がってきました。

日本ハムファイターズの強さ

去年の交流戦で日本ハムと戦った際にこんな記事を書いていました。
http://i-think-about-hiroshima-carp.red/moving-baseball-ppa/
こちらは日ハムの西川・中島・田中賢介と並ぶ1,2,3番が見せる質の高い野球についての記事ですが、この時からすでに日本ハムは圧倒的に質の高い野球を実践していました。

対してカープは去年のこの記事のあたりでは野球が雑で、ただ打つだけ走るだけの野球で有機的に得点を奪う強いチームの匂いはあまりしませんでした。

そんなカープですが去年の秋から石井琢朗コーチ、東出コーチのもと選手たちが本当にバットを振って振って振りまくり、パンパンおっつけ(by達川さん)打法、というか個人的には巨人の阿部が昔提唱していたツイスト打法の要領を身に付けてきました。

さらに
本部長が緒方監督に言った「1点差負けはベンチの責任、右打ち等はベンチの指示で。」の真意は何?
この記事でも書いてきましたが、今年のカープはただ得点圏にランナーを置きタイムリーを期待するような野球ではなく、本当に質の高い野球というものを求めてチームとしてケースバッティングに取り組んできました。

その結果が今年の12球団最強打線です。

野球の質の高さでは日ハムに一日の長、打線の破壊力ならカープ、と個人的には見ていて、今からどんな試合になるのか楽しみでしょうがありません。

投手力も良い勝負

打線はカープも日本ハムも両方ともそれぞれ異なる良い点があって色々考えると互角なのかなぁと思っています。

日ハムの先発には化け物大谷、150キロ超の技巧派・有原、リリーフから先発に回り懐の深いピッチングを披露する増井、今年ブレイクした切れ味鋭いストレートを持つ高梨がいます。

この大谷、有原、増井、高梨の先発4人は相当手強いです。

またリリーフは宮西、谷元、マーティンの3人が強力で、脇を固める白村、石井も素晴らしいです。

対してカープの先発はエースジョンソン、最多勝野村、精神的支柱の黒田が3本柱で、4番手がルーキーながら本当に質の高いストレートを投げる岡田となっています。

ヘーゲンズは先発なのかリリーフなのかわからないですが福井はおそらくリリーフに回りそうです。

カープのリリーフはジャクソンと中﨑がともに防御率1点台で8,9回を担います。さらに今年フォークを完全にマスターして復活した今村も勝ちパターンに入ってきます。

脇を固めるのは一岡、大瀬良、薮田の150キロ級のストレートを誇るメンバー、さらにデラバーも秘密兵器として控えています。

こうして見ると投手力も両チームリーグチャンピオンなだけあって相当レベルが高いです。

エルドレッドが心配でもあり楽しみでもある

個人的に心配なのがエルドレッドで、速い球を投げる先発投手が多い日本ハムファイターズとの対戦という事もあり、140キロ台後半のストレートを高めに投げられるともうお手上げ、となってしまわないかと心配しています。

低めの変化球を掬ってホームランにするのはもう誰もが知っている事なので、あとは徹底的に高めのストレートで攻められることを想定して丁寧に調整して欲しいと思います。

今年のエルドレッドは去年までの弱点だった高めストレートに対しても調子が良ければコンパクトにスパッとバットが出て対応できているので、ハムの攻めを逆手に取る位のバッティングを見せて欲しいと思っています。

今年はチームとしてエルドレッド頼みのチームではないし打順も6番か7番になると思いますが、エルドレッドが長打を打つとファンも盛り上がりますしチームも盛り上がります。

エルドレッドが実はこのシリーズの勝敗を分けるキーマンになるのかなと個人的には思っています。

ドラフトについて

そして日本シリーズの前にはドラフト会議が控えています。

ドラフト関連の楽しみな記事が多くなってきた中で、個人的に興味深くて面白かったのが以下のふたつの記事です。

山本昌がプロ適性を診断「甲子園で熱投した11人のエースたち」

山崎武司が見た11人のドラフト候補。「将来の筒香、山田は誰だ?」

どちらも元ドラゴンズ関連の選手でどちらも11人の選手を取り上げています。詳しい事はこの記事を実際に見てもらった方が早いのですが、元プロの一流選手がドラフト候補をどう見ているかがわかって面白かったです。

ちなみに二人の記事でどちらも
「一目見て『いいピッチャーだなぁ』と思いました。」
「一目見ただけで、いいバッターだとわかります。」
と挙げている選手がふたりとも個人的な好みど真ん中の選手だったのは面白かったです。

具体的に名前を上げると山本昌さんが挙げているのが京山将弥(近江)で、山崎武司さんが挙げているのが田城飛翔(八戸学院光星)です。

京山はドラフト界隈ではもともと有名で今年のドラフトでも上位候補ですが、田城の方はあまり名前が上がらなくて個人的には不思議だなぁと思っている選手です。

ちなみに田城飛翔は右投げ左打ちの外野手で、カープのチーム事情的にはそんなに欲しくないというか飽和しやすいだけに見ていてもあまりアンテナが作動しないのですが、それでも田城は一目見て「これは良いバッターだ」とビビッと来ました。

同じ左打ちの外野手で田城飛翔より走力に勝る鈴木将平(静岡)がいるので相対的に注目されない感じですが、田城飛翔は本当に良いバッターです。

あとドラフト上位候補とされる九鬼について「この選手も体に力があって、振る力がありますよ。でも細かいことを言うと、直したいところはいっぱいあるなぁ(笑)。」と言っていたのも個人的に全く同じ印象でした。

体に力があるのは確かですがプロに捕手として入ったらまず捕手としてやることが山ほどあってバッティングは二の次になりそうで、バッティングにも直すところが山ほどあって、意外と将来的には炭谷銀仁朗みたいな高校時代はホームランバッターだったけどプロでは、的な打者になりそうな印象を個人的には持っています。

もちろん良いところも山ほどあるからこそドラフト上位候補になっているので、九鬼も将来的に楽しみな選手です。

カープのドラフト1位は先発タイプの大学生の方針

またカープのドラフト1位は大学の先発候補だそうで、田中正義(創価大)佐々木 千隼(桜美林大)柳 裕也(明治大)が候補として挙がっているようです。

本命は田中正義っぽいですが意外と佐々木の線もありそうで、こちらもどうなるのか楽しみです。

将来20勝を狙えるロマンなら田中正義、実戦力の柳、サイドに近い角度から投げる希少性と即戦力度は一番じゃないかと思う佐々木といった感じで見ています。

また顔だと佐々木千隼がカープっぽいというか田中広輔的なイケメンな感じで、今のカープっぽくて今のカープに入団したとして一番しっくり来るのは東京ガスの山岡泰輔かなぁと思います。

田中正義も佐々木千隼も柳裕也も抽選になると思いますし、抽選に外れた時にもし山岡泰輔が指名されていないなら指名して欲しいですし、ドラフトもどうなるのか今から楽しみです。

 - ドラフト, ポストシーズン