カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープ 2018年ドラフトの結果と感想

      2018/12/01

今年はなかなかブログを書く機会がなかったですが、試合はところどころ見ていました。

ドラフトにも去年までほどではないですが、一応注目はしていました。

カープは将来のチーム構成を考えれば小園に行きたいだろうし、今年投手陣に苦労した現場としては甲斐野か上茶谷に行きたいんだろうと思っていました。

ただチームとして、来季だけではなく長期的に見て、今年のドラフト1位は小園に突撃しました。

4球団競合となりましたが、緒方監督が無事当たりくじを引き当てました。その瞬間の小園の表情も嬉しそうだったのが何より良かったです。

ドラフト1位:小園海斗(報徳学園高校)遊撃手 178/73

二年生の頃から甲子園を沸かせていた選手で、あれだけのスピード感があって実は身長も178センチもある、というのが驚きです。

バッティングは足を上げてから着地するまできちんと間の取れるタイプで、個人的に好きなフォームです。

足を上げてから着地まで間のあるタイプという事は、重心を股関節あたりに乗せる感覚がすでに分かっているという事なので、緩急への対応もきちんと出来るはずです。

ミート力も高く、今後さらにスイングを鋭くする必要はありますが、小力のあるタイプなので、将来二遊間で打率3割、15本塁打くらいを安定して打ってくれる事を期待しています。

守備はすごく深い位置を守っていますが、あれはおそらく逆シングルが苦手だから、なるべく正面で取れるように、と考えてあの守備位置なのかなと思いました。

カープには逆シングルの超名人の菊池涼介がいるので、菊池に聞いてみるも良いし、単純に見て、身体の使い方を真似てみるだけでもかなり上達するはずです。

ちなみに田中もプロ入り直後は「まず捕球、そして送球」と、捕球から送球の流れが分断されたタイプの守備でしたが、徐々にプロ仕様になって「投げる為に捕る」守備ができるようになりました。

守備はあくまでも一塁に送球ができてはじめて完成されるものです。なので捕球も送球から逆算してできる必要があるので、小園もそういった守備ができるような選手になって欲しいと期待しています。

ドラフト2位:島内颯太郎(九州共立大学)投手 180/77

ドラフト二位は大瀬良の後輩の島内颯太郎投手。

ここ数年のドラフト2位はポテンシャルにパラ全振りタイプというか、超個性的な選手を指名する傾向がありましたが、島内は最近の指名の中では珍しい、ある程度計算できるタイプの投手です。

ストレートは常時145キロ前後は出て、上から投げ下ろすフォームなので落ちる変化球も上手く使えるタイプです。

細かいコントロールはないですが、島内のようなタイプはいかにストレートでファウルを打たせて追い込むか、だと思うので、あまり細かなコントロールを意識しすぎないで欲しいです。

むしろストレートでファウルを打たせられる投手になってくれれば、落ちるボールとのコンビネーションで活躍できると思います。

ちなみに今年のカープ投手陣は変に角度をつけて上から投げ下ろそうという意識のある投手が多かったのかわからないですが、それで変にフォームを崩している投手が多かったです。例えば野村などですが。。

島内は上から投げ下ろすタイプですが、踏み出す左足はきちんとホームベース方向に伸びています。

角度をつけたいが為に踏み出す足が一塁方向に向いてパワーが前に行かない野村などは、逆に島内のフォームを見て参考になる点は多くあるのではないかと思います。

ドラフト3位:林晃汰(智弁和歌山高校)三塁手 178/82

ドラフト3位は智辯和歌山高校の左打ちスラッガーの林。

林はきちんとミート力のあるタイプで、あとはさらに身体が大きくなってスイングが鋭くなれば、ミートも出来て長打も打てる良いバッターになれるんじゃないかと思います。

また、高校生でサードをやってるスラッガータイプと言えば守備が結構破綻している選手が多いですが、林は守備が安定しているところも良いです。

あとはとにかく、捻りまくる打撃フォームをどうやってプロ仕様にしていくか、が大成できるかできないかを決めると思います。

今のプロ野球では捻りまくるフォームの選手は、ほぼ活躍できない世界になってきています。

林も今は身体が開かないことを意識しているのだと思いますが、身体が開かないことを意識しすぎると、捻りが入り過ぎてしまいます。

捻りが入り過ぎると、逆に開く動きを早めなければ対応できないので、結果的に開きが出てきてしまう、という悪循環に陥ってしまいます。

それがすごく勿体なく見えてしまいます。

ちなみに開きが早いというのは要するに「腰の回転より先に肩を開くな」という事です。

だからそこだけ意識すれば大丈夫です。

腰を今ほど入れる必要はないし、腰はまっすぐ、踏み込みもまっすぐ投手方向に、あとは腰の回転を先にして上体は腰の回転に追従させる感じでスイングできるようになって欲しいと思います。

結構治すべき箇所が多い選手ですが、根本的なミート力はあるし守備もできる選手なので、プロ仕様のフォームと身体とスイングを身に付けて欲しいと思います。

ドラフト4位:中神拓都(市岐阜商高) 遊撃手 175/85

ドラフト4位はショートと投手をやっていた中神。

正直この選手は知らない選手なのですが、動画を見るとかなりガッチリしていて投手をやるだけあって地肩も強く、バッティングもかなり力強く引っ張れる選手のようです。

あまり知らない選手なので参考のために3年夏の県予選の成績を見ると、18打数で打率は.278、本塁打0、四球4という平凡な数字ですが、三振が少ないところは良いと思いました。

体つきはガッチリしていますが、足も速いようなので、カープ好みの強打強肩俊足タイプで楽しみです。

またチーム編成的にバッティングが良さそうな右打ち内野手を獲得できたのは本当に大きいです。今のファームの内野陣は左打ちが多く、ドラフト1位の小園も左打ちなので、右打ちで打てる中神はかなり重宝されるのではないでしょうか。

ドラフト5位:田中法彦(菰野高)投手 173/80

去年カープに入団した岡林飛翔の後輩でもある田中。

岡林もザ・剛腕というタイプでしたが、この田中はさらにストレートに球威を感じさせる剛腕です。

上背はないですが、球の威力そのもので言えば今年の高校生投手の中でも1,2を争うレベルじゃないかと思います。

個人的に今年の高校生投手の中でも気になっていた投手なのでカープが指名して嬉しいです。

とにかくズドーンと来るストレートが持ち味なので、あとは持ち味のストレートを活かせる変化球をまずは1つ、しっかり制御できるようになってもらいたいです。

ドラフト6位:正隨優弥(亜細亜大学)外野手 181/90

ドラフト6位はここ数年繋がりの深い亜細亜大学出身の正隨。

地元広島出身で、高校は大阪桐蔭、大阪桐蔭時代は4番を打ち3年夏には全国制覇。亜細亜大学時代も優勝を経験している、という経歴だけで言えば「持ってる」選手です。

技術的な事を言えばキリがないくらい技術面は課題だらけですし、大学時代の成績もプロ入りするにはちょっとな、という気がしないでもないですが、とにかく体の大きさは持って生まれた武器です。

でも身体の大きい選手はプロの世界にはいくらでも居ます。「当たれば飛ばせる」と言われる選手も五万といます。そしてそういう選手は結局未完のままプロの舞台から消えていきます。

結果を出すには技術が必要です。厳しいようですが、今の実力では正直プロの二軍で何の爪痕も残せないと思います。

とにかく意識を高く持って質の高い練習を人の2倍3倍と量をこなして、何かを掴んでもらえればと思います。

何かを掴むことができれば、身体が大きくて強い選手なので楽しみです。

ドラフト7位:羽月隆太郎(神村学園高)遊撃手 167/70

この選手もあまり知らない選手でしたが、小柄ですが身体能力が高い選手です。

バッティングの動画も見ましたが、バッティングもセンスがあってミート力の高そうなスイングと目の使い方をしています。

あとはツイッター等でも話題になっていましたが、キャラがかなり良い選手のようです。

遊撃を守れて身体能力が高く良いキャラをしているという事で、色んな意味で上本の後継者が現れたなという印象を受けました。

育成ドラフト1位:大盛穂(静岡産業大)外野手 179/70

この選手も知らない選手でしたが、バットコントロールが良い外野手のようです。

あまり知らない選手なので何とも言えないですが、プロに入って色んなことを吸収して大きな選手になって欲しいです。

育成選手なのでまずは二軍で結果を残すことが目標になります。

天谷・土生が引退し、左打ちの外野手にとっては出場機会を得やすくなったとも言えるので、頑張って欲しいと思います。(内野守備が一向に上達しない桒原は外野に回るかもしれないですが)

全体的な印象

とにかく今年は野手ドラフトとなりました。投手は二位の島内と5位の田中のみで、あとは育成含め6人が野手となりました。

さらに言えば、小園・中神・羽月とショートを守っていた選手を多く獲得していたのが印象的です。

ドラフト2位の島内はある程度まとまっているタイプなので、来年から一軍でもある程度出番があると思いますが、ドラフトで来年の投手力強化ができた、という感じではありませんでした。

という事は、去年までに入団した投手たちが来年一軍で活躍しないと、ちょっと来年のカープ投手陣は厳しいかもしれません。

来年には一軍で活躍してもらいたい選手は具体的に名前を出すと、加藤、床田、W高橋、塹江、藤井、ケムナ、平岡あたりです。

あとは今年上手くいかなかった薮田、中村祐太も来年は一軍でバリバリ活躍して欲しいし、上で名前を挙げた選手たちは皆一軍でやってもらわないといけない選手たちです。

ここからカープは日本シリーズに入りますが、二軍の選手たちは来年しっかり自分が一軍で活躍できるよう自分自身の技術を磨いて欲しいと思っています。

 - ドラフト