カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

投手キャプテン福井優也の帰還

   

まえけんが抜けた今季、投手キャプテンを務めた福井でしたが、福井にとってはなかなか思うようにいかないシーズンでした。

シーズン中二度に渡る登録抹消があり、結局今年は先発として13試合にしか登板できませんでした。

それでもシーズン最後の登板でがっちり勝利を手繰り寄せ、なんとか5勝4敗と勝ち越し貯金を作り、投手キャプテンとしての面目を保ちました。

軽く投げて球速が出るのが福井好調のバロメーター

個人的に福井を見る時はつま先体重になっていないか、右足を上げた時に左足だけでバランス良く立てているか、をいつも見ています。

その点からすると今日の福井は良いフォームでキレ味鋭い球が放れている時もあれば、バランスが悪いフォームで球を制御できない時もありました。

それでも全体的に見れば今季の中ではバランスの良いフォームで軸がブレずに投げられている割合は多かったです。

4回からしか見れなかったですが、例えば村田への二打席目は、その前の打席でホームランを打たれた事を意識したのだと思います。ちょっとつま先体重になっていて軸回転がブレていたのでストレートが逆球になってレフト前に運ばれてしまいました。

ただ5回の田口をゴロに打ち取った5球目なんて、まぁまぁ甘いところに行っていましたがフォームのバランスが良かったので力がしっかり球に伝わっていました。

その流れのまま次打者の立岡への初球も、高めにはいきましたがフォームのバランスが良かったのでまったく打たれる気がしませんでした。

結果的に6回を2失点で凌ぎ、直後にエルドレッドの逆転ホームランが出て勝ち投手になりました。

打線はここから徐々に上げて来て欲しい

このところ打線が冷え冷えのカープですが、これはなんとなく計画的に落としているだけだと思っています。

CSと日本シリーズまで日が空きますし、優勝を決めた時からずっと好調を維持はできません。

なのでこういった計画的な落ちどころを作り、またポストシーズンに向け打線の調子を上げていくという作戦なんだと思います。

ちなみに今日はエルドレッドが来日100号、101号の二打席連続ホームランで4打点を挙げました。

どちらも低めの球を掬い上げてのホームランで、アッパー気味のスイングでちょうど腕が伸びるところでした。

ポストシーズンではおそらくこういう攻めはされず、エルが苦手な速い球を高めに投げる、という攻めをされると思います。

今日のホームランはこの試合の勝敗を分ける良いホームランでしたがこのスイングは一度忘れてというか、高めの球に一直線でバットが出るようコンパクトなスイングをこれからは意識して欲しいと思います。

今年のエルドレッドは去年までよりもバッティングが進化して、高めの球にもバットが素直に出てある程度対応できるようになっています。

CSと日本シリーズでもエルドレッドの効果的な一発が見れる事を期待しています。

巨人の中川投手がなかなか良かった

去年のドラフト前に
過去の指名傾向から2015年カープのドラフト指名を予想する
という記事を書いて、その時に広島の山陽高校~東海大に進学した中川晧太投手についても書いていました。

大学の時から何度か見て良い投手だなぁと思って注目していたので、今日一軍の舞台で見れて良かったです。

自分で言うのもなんですが当時から個人的に良いなぁと思っていた投手なだけあって、一軍の舞台で見てもやっぱり良いところがある投手だなぁと思いました。

どこが良くてどこが今後の課題かとかは他球団の選手なので特別書かないですが、現時点でもなかなか良いしこれから先とても大きな可能性を秘めている投手でした。

こんな投手がドラフト7位で獲れたりするのがドラフトの面白いところですし、今年のドラフトも楽しみです。

特に今年は投手が大豊作の年ですし、本当に楽しみです。

CS、日本シリーズに向けてチーム状態を良くしていきたい

CS、日本シリーズを見据え、ジョンソン・野村・黒田までは当確として4,5番手を岡田・ヘーゲンス・福井が争う形だと思いますが、チームとして先発福井という選択肢ができたのは大きいです。

中崎が離脱したのは痛いですが、最悪CSは間に合わなくて良いと思います。

日本シリーズには良い状態で上がってこれるように、それまでは今村に踏ん張ってもらいCSを勝ち抜いて欲しいです。

 - 福井優也