カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープが優勝するには菊池のスタメン落ちなど臨機応変な選手起用が必要

      2016/03/22

今日は時間的に余裕があるので2016年最後のオープン戦であるソフトバンク戦を観ようと思っていたところ、RCC独占放送という事で見られませんでした。

その代わりという訳ではないですが春のセンバツを観たので、本題の前にその感想も少し残しておきます。

高校野球の有望選手に興味のない方は序盤は飛ばしてください。

市岡奏馬(龍谷大平安)のピッチングが目立った

龍谷大平安と言えば、去年のヤクルトドラ3・高橋奎二など左腕の育成に定評があります。

今年の龍谷大平安のエースも左腕の市岡奏馬君が務めています。

今日の明徳義塾戦では球速表示は130キロ半ばが精一杯でしたが、その数字以上にキレとノビを感じさせる素晴らしいストレートを投げ込んでいました。

130キロそこそこのストレートがあそこまで速く見える投手も珍しいですし、あの球速で名門明徳義塾打線を牛耳っていたのが印象的でした。

次の試合で開星の吉川君が140キロ台をポンポン投げながらも、開きが早く合わせやすそうなフォームでポンポン打ち返されていたのと対照的です。

さらに市岡奏馬君は変化球の軌道も素晴らしく、ストレートと同じような軌道から打者に近い距離でキュッと変化する良い球でした。

変化球を投げる時に腕の振りが緩む点やそもそもの球速が物足りないですが、これから球速が上がり8割くらいの力で140キロ台をコンスタントに投げられるようになればドラフト上位で指名されるだろうなと思いました。

ちなみに低めのストレートがスーッと伸びてくる感じがかなり好印象でしたが、なんとなくリリースの瞬間に指をガッと引っかけて真っスラ気味にしてるように見えました。

カープのドラ1岡田もそうですが、低めに糸を引くようなストレートを投げる投手は真っスラ気味に指に引っかけて投げる系のピッチャーが多く、低めに良いストレートを投げられない投手は参考にしてみても面白そうです。

岡田悠希(龍谷大平安)のバッティングも光っていた

あとは同じ龍谷大平安の2年生レフト・岡田悠希のバッティングが目を引きました。

身体つきも良く雰囲気も2年生とは思えないほどドッシリとした構えで、ヘッドスピードが早いスイングでライトスタンドにホームランを叩きこんでいました。

守備や走力がどの位なのか良く分からないですが、バッティングは相当なセンスとパワーが感じられ、来年のドラフトではかなり注目されそうな雰囲気がありました。

打撃の光る左バッターでは綿屋樹(鹿児島実業)や今井順之助(中京)も注目ですが、龍谷大平安の2年生・岡田悠希もこれから個人的に注目していくつもりです。

カープ・菊池涼介がスタメンを外れ安部がセカンドで出場

センバツの感想はこれ位にしてカープの話になりますが、先日の試合で菊池がスタメンを外れオープン戦打撃好調の安部がセカンドスタメンで出場していました。

これはオープン戦とはいえ個人的にはインパクトが強い出来事でした。

去年のカープはレギュラー陣(菊池、丸、田中、新井など)がどれ程不調でもずっと試合に出ずっぱりになる事が多く、それも優勝を逃したひとつの要因になっていました。

もちろん代わりの選手がシーズン通して菊池・田中・丸と同レベルの成績を残せるとは思わないですが、明らかに不調だと目で見て分かるレギュラー格よりは好調の控え選手の方が良い成績を残す可能性は高いです。

レギュラー格の選手も不調な時期にムリに試合に出るよりも、一度スタメンを外れ、外から各選手を見る事で改めて自分のプレーを振り返る事ができます。

人それぞれ合った身体の使い方はありますが、基本的にピッチングもバッティングも物理現象ですし結果の出る身体の使い方には法則があります。

不調の選手はその身体の使い方が崩れていて、物理的に良い球が放れない、良い打球が飛ばない状態になっています。

そういう状態の選手を無理に使っても結果が出にくいですし、不調の選手は自分のプレーと好調な選手を比較してどこがどうおかしいのかを見極め修正する事が不調脱出の近道になります。

もちろん控えで出る選手も少ない機会とはいえ結果を出せば継続して試合に出られるチャンスも生まれますし、レギュラーが離脱した時にもチーム的にあたふたせずに済みます。

菊池もスタメンを外れて危機感を持ったのかどうか分からないですが、実際菊池はスタメン復帰した試合でホームランを含む猛打賞を記録していました。

ちなみに去年のシーズン終盤に新井さんが不調に陥っていた時に「身体はしんどいが、しんどいとか言ってる時期じゃない。気合で乗り切る。」的な事を言っていましたが、一度スタメンを外れると次の試合から急に打撃内容が良くなっていました。

投手起用も勝ちパターンに拘る必要はない

投手起用も同じで、去年も大瀬良が不調なら他の投手を投げさせた方が失点を抑える事ができた可能性は高いです。

また点差のついた試合でわざわざ「勝ちパターンだから」と大瀬良を起用するのも疑問でした。

畝コーチは勝利の方程式や勝ちパターンの投手に求める水準が異常に高いのかわからないですが、一部の投手に極端にこだわり他の投手を勝ち試合では全くと言って良い程試しませんでした。

4点差以上ついているなら勝ちパターンは使わない事も首脳陣の頭と腕の見せ所ですし、たとえ4点差以上でも勝ち試合で投げる事はリリーフ投手にとって良い経験になります。

その経験がリリーフ投手を成長させまた新しい勝ちパターン候補の台頭に繋がってきます。

さらに不調の「勝利の方程式」に拘って試合を落とす事も少なくなります。

もちろん4点差以上ついた場面で勝利の方程式を温存した結果ヒヤヒヤする展開になる事はありますが、それで負ける試合数は勝利の方程式がシーズン終盤にバテて落とす試合数と比べればおそらく少なく収まります。

さらに無理な投手起用も避けられ、リリーフ投手が毎年のように潰れるカープの悪しき伝統も経ち切れるはずです。

80勝から逆算してシーズンを乗り切らないと優勝はできない

優勝をする為に必要な勝利数の目安は80勝ですが、去年までのカープはシーズン通して優勝を意識した戦いができていない、と個人的には感じました。

あれほど勝ち試合で大瀬良中崎をゴリ押しして負け試合でも大瀬良を使って、シーズン80勝するなら大瀬良中崎の登板数はどれ位になるのか。そこを計算して投手起用をしているようには思えなかったからです。

ただ目の前の試合を落とさない事だけを考えているようで、それが結局優勝できるチームと優勝を逃すチームの差なんだろうなと感じました。

繰り返しになりますが、優勝するなら「80勝と貯金10」がひとつの目安になります。

本気で優勝するつもりなら80勝を前提として計画を立て選手起用をしていかないといけないですし、80勝のうちクローザーとセットアッパーは60試合程度に登板を抑えないとポストシーズンは戦えません。

そう考えると点差のついた試合で勝ちパターンを起用するようなやり方は自滅行為ですし、いかに勝ちパターンを温存して勝つか、というのが優勝の為の至上命題になって来ます。

そういう訳で「シーズン80勝、貯金10」というのをチームとしてイメージしながら、そのイメージに沿って選手を柔軟に起用するようなカープを今年は観たいと思っています。

 - 緒方孝市, 首脳陣