カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープに必要なのはミスした時の気持ちの切り替え

      2015/07/31

大瀬良ナイスピッチでした。

ツーシームは武器になる球種なのであとはその使い方だけです。今日はなかなか良い感じでツーシームを活用していました。

とりあえず今日の試合で印象に残った配球は3つあったのでメモしておきます。

まずは3回の片岡へのピッチング。

1球目 内角にツーシーム。カウント1-0
2球目 逆球だけど、結果的に内角にカットボール。カウント1-1

2球目のカットボールで片岡選手は完全に面食らっていました。実質この2球で勝負ありです。同じようなコースに投げるツーシームとカットのコンビネーションはやっぱり使えます。

そして3球目 スライダーにまったく手が出ず。カウント1-2
4球目 ストレート。ボール。カウント2-2
5球目 内角ツーシームでセカンドゴロ。

完璧に相手打者を牛耳っていました。

2つ目の印象に残ったのは6回表の亀井選手に対してのピッチング。

この打席は亀井選手に対して3打席目になる訳ですが、1,2打席目に徹底して内角を突いていたのが功を奏しました。

結局4球目のかなり甘いフォークを打ち損じてくれて、5球目は外角のストレートにも関わらず亀井選手は完全に腰が引けての見逃し三振。1,2打席の内角中心の攻め方がしっかり布石として効いていました。

3つ目は同じく6回表の井端に対してのピッチング。

カウント1-2と追い込んでから、この日ほとんど投げていなかった緩いカーブを投げました。

対する井端選手は全く想定していなかったような見逃し方をしていました。結果的にボールでしたが良い攻めです。ストライクゾーンに入っていれば超完璧でした。

以上3つが大瀬良のピッチングで印象に残ったシーンです。

ちなみに実況で印象に残ったのは杉内投手のピッチングについての発言です。

杉内はピッチングの際に、自分の上半身は水で出来ているというイメージで力を抜いているそうです。これは力みをなくしてリリースの瞬間に力を集約させる為の良いイメージ作りに使えるし、カープの投手陣も取り入れていけそうです。

そして一番印象に残ったシーンは9回表。

巨人の攻撃が終わりベンチに戻るナインを大瀬良が真っ先に迎えに出てエラーをした天谷の肩を抱えていたシーンです。

あのシーンに大瀬良の人柄の良さがにじみ出ていていました。

ちなみに自分が野球をしていた時には、誰かが失敗したらチーム全体で「次絶対取り返すぞ」と声掛けをして切り替えていくようルール作りをしていました。エラーでも四球でも味方が凡退した時でも、全部このルールを徹底していました。

このルールを徹底すると誰かがミスをした時に条件反射的にチームが「取り返す」ムードになって士気が上がります。

普段は安っぽいメンタル論や精神論は全然好きじゃないですが、今のカープにとってはこういったルール作りが必要なのかもしれないなと思うと同時に当時のことを思い出して懐かしい気持ちになりました。

 - 大瀬良大地