カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープはイケイケ野球から賢く緻密な野球へと変貌中

      2015/07/31

現在ウエスタンでダントツリーグ最多の6勝を挙げ満を持して一軍初登板となった戸田は6回2安打4四球2失点でQSを達成しました。

数字的には一応6回2安打2失点とはいうものの数字以上にアップアップな印象でしたし打線の援護に助けられての今季初勝利でしたが、とりあえずチームが勝てて良かったです。

戸田の勝利を後押しした打線ですが、今日はチームとして去年藤浪を攻略した時のようなバッティングができていて本当に良かったです。

藤浪は右バッターからすると怖いですが左バッターの内角にはそこまで精度高く放れないです。なので基本的に左打者を並べるオーダーは理に適っています。今日はサードに木村をスタメン起用する程の徹底ぶりで、菊池、新井と會澤以外は左バッターで固めてきました。

起用された左バッターも藤浪対策の意図をきちんと理解し、藤浪が内角はほとんどまともに放れない分キッチリとセンターから逆にチームとして徹底したバッティングをして見事に攻略しました。まさに藤浪対策通りです。良かったです。

そして明日は能見というカープにとっての天敵が控えています。ジョンソンはきちんとゲームメイクはしてくれるはずなのであとは能見をどのように打ち崩すか。そこが明日のカギになります。

ちなみに能見といえばフォークのイメージが強いですが2ストライクを取るまではほとんどフォークを投げません。

となると2ストライクまでの持ち球はストレート、スライダー、チェンジアップになるので、基本的に右打者はストレートかチェンジアップ、左打者はストレートかスライダー、と大体狙い球が絞れます。

こういった傾向をあらかじめ念頭に置いておけば、明日の初回に田中、菊池の12番コンビに対しどういったピッチングを見せるのか。データ通りなのか、裏をかいて早いカウントでフォークを投げるのか。そこを意識しておけばチームとして能見対策ができます。

データ通りの配球ならそのように対策すれば良いし、追い込む前にフォークを投げるなら「今日はそっち系の組み立てだな」と分かるので今度は低めを捨てて目付を高めに設定するなど対応策がまた出来ます。

この程度の情報なら素人でも入手可能ですがプロはもっと詳しいデータを持っているはずです。そこを活かしてチーム全体でしっかりと共有し対策として落とし込んでいけば去年までとは違った戦い方ができるようになります。

緻密な野球では巨人に勝てないから伸び伸び野球だ、勢いに任せた野球だ、といつまでもやっていては結局143試合の長丁場で優勝することは困難です。

若くて身体能力も潜在能力も高く技術的にもしっかりとした選手が揃ってきた今だからこそ、イケイケドンドン一辺倒ではなく賢く戦っていく事を覚えれば、選手の技術をチームの価値に結びつけられるようになります。

結局それが143試合の長丁場で勝率を良くし優勝するためのもっとも効果的な方法論だと個人的には思っています。

 - 戦略