カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

堂林の2打席連続ホームランについて

      2015/07/31

昨日は堂林の2打席目の空振り三振まで試合を見てから出かけたのですが、あの空振りの仕方が実に見事でこれはそろそろ長打出るなと思っていたところ2打席連続ホームランを打っていました。

あの三振の時はゴムの棒(何それ?)をねじってそれが反動で元に戻る時のような、ブルンとしたスイングで腰の回転主導で回っている感じでしたし、スイングに体重が乗っているというか全身でスイングしているのが見て取れました。

家に帰ってきて2本のホームランの映像も観ましたが、やっぱり良かったです。高めのコースにあの軌道でバットが出るのは腰の回転がしっかりしている証拠なので今後も長打が期待できそうです。

去年からずっと堂林のオープンスタンスには反対だったこともあり、最近堂林がオープンスタンスをやめてからのバッティングに注目していたのですが、ようやく時が来た感じがします。

オープンスタンスは球を良く見れる反面、足を開いた状態から閉じてまた開く、という一連の動きが大きくなる為、堂林のように足が長くて重心が高いとその動きで身体の軸がブレます。以前の堂林はそのブレを無意識に抑えようとして身体に力が入り、インパクトの瞬間に力を集約させることができないように見えていました。

その点、昨日の堂林は構えが自然体で身体に力が入っていなくて、脱力できているからねじったゴム棒の反動のように全身でスイングできて、インパクトの瞬間に全体重を乗せれていて、いわゆるホームランアーチストのようなスイングでした。

2012年の堂林を見た時に思い描いた未来予想図や成長曲線にようやく乗ってくれたような気がします。

あれだけ身体をゴムの棒(だから何それ?)のようにして全身でスイングして飛距離を出せるバッターはなかなかいないです。構えの自然体感と脱力感が素晴らしいです。

あのスイングと身体の使い方をしてると当然三振も増える可能性は高いですが、三振が増えて長打も増えるのなら別にそれで良いです。

仮にこれから三振が増えてもそれは今のスイングを完成させる為の避けて通れない道なので、見る方も三振のこととかとやかく言わず、堂林も三振のことなんて忘れて、キレイでブルンとしたスイングを貫いて欲しいと思います。

私はめちゃくちゃ期待しています。

 - 堂林翔太