カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

堂林翔太の原点回帰

      2015/07/31

イケメンだからという理由で人気になったり好きになられたり、イケメンだからという理由だけで人気になったり好きになられたりするから嫌いだと言われたり。

堂林はその能力以上に背負っているものが大きい選手だなぁと見る度に思います。

かくいう私も華のある選手は好きなので堂林は好きな選手ですが、過度に期待してしまうのは堂林にとって辛いのかもしれないなと思い、少し距離を置きながら応援しています。

堂林の良いところはプレーをロジックで考えられるところだと思っています。感性に頼ってプレーする選手は研究された時の対応力や状況判断の部分で苦労するので、それなりの選手にはなれても凄い選手になるのは難しいです。

だから私はロジックで野球をする堂林が好きなのですが、堂林のロジックの組み立て方は結論から逆算して組み立てるというよりは、土台からひとつひとつ組み立てていくタイプだと見ています。

たとえば打撃で言えばスタンスはオープンにして、トップの作り方はこうで、スイングのタイミングはこうで、軌道はこうで、といった順序で考えている感じです。

ただ個人的な印象ですが、極論を言えばバッティングで大事なことはタイミングとヘッドの走りと打つポイントの3つだと思っています。

この3つさえできていればスタンスやトップの位置なんて別に関係ない、というかこの3つをできるように逆算してスタンスやタイミングを試行錯誤していく、というのが本来あるべきロジックの組み立て方かなと思います。

スタンスから考えて入るとオープンにすることに気を取られてタイミングの計り方がおかしくなったりすることがあって、堂林を見ているとバッティングにおけるひとつひとつの動作が別々になっているような印象を受けます。

個人的な意見ですが、堂林には良いボールを良いタイミングでヘッドを走らせてスイングしてほしいしそうすればめっちゃ良い結果出ると思うし、そうする為にはどうすれば良いのか、という順序でバッティングを考えて欲しいと思っています。

そこでオールスター戦となる訳ですが、その在り方について賛否両論ありつつも現状オールスターはお祭りです。

お祭りだからこそスイングの細事や選球眼などアレコレ考えるのをやめて、良いタイミングでヘッドを走らせてスイングする、というシンプルな考えに回帰してくれるんじゃないのかなと密かに期待しています。

個人的には堂林とオープンスタンスの相性はあまりよくないように見えますが堂林がアレコレ考えて試行錯誤している過程だとすればそれはそれでありなのかなと思います。

ただその試行錯誤は、「打つべきボールに対し良いタイミングでヘッドが走るスイングをするんだ」というゴールから逆算しての考えでないと意味がないとも思います。

人気先行だなんだ言われますが、あんな選手ですからファンとしては応援せざるを得ないですし人気が出て当たり前なので実力がスター級になるまでは人気先行と言われてしまうのはしょうがないですし、堂林を批判する人の気持ちも分からなくはないです。

ただ当たり前ですがどの選手も一軍で起用され始めた時点で実力がスター級なことはなく、堂林はたまたまそのスター性で人気が先行してスター級になってしまっただけで、実力は普通の選手と同様に今伸びている最中なんだと思っています。

高校時代はエースで四番という看板を、カープではスター候補生という看板を背負い、単なるファンからは想像もできない程多くの宿命を背負わされている堂林ですが、とにかくオールスターではいったん荷物を置いて楽しく野球をして原点回帰できると良いな、と期待しながら堂林のオールスター戦でのプレーを楽しみにしたいです。

 - 堂林翔太