カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープ2017年ドラフト結果と指名選手について雑感

   

CSで敗退したカープは日本シリーズ出場はなりませんでしたが、セ・リーグ2連覇という事実は変わりません。

近年では巨人以外成し遂げたことがない「リーグ三連覇」に向けて、更なるレベルアップに励んでほしいと思っています。

そして10月26日にドラフト会議が開催されました。

カープは表明していた広陵の中村を一位指名、当たりくじを引き、その後も潜在能力たっぷりで可能性を感じさせる選手を多く指名しました。

不作と言われて久しい2017年のドラフトでしたが、個人的にはカープは上手く潜在能力を秘めた選手を獲得できたと思います。

特に育成枠の投手たちは、なぜ本指名で指名されなかったのか不思議に思う程良い選手ですし、個人的にはぜひプロに入ってのし上がって欲しいと思っています。

そしてここからは毎年恒例の、指名選手の印象タイムです。

今年は本当に忙しくてカープの試合もそんなに見れていないですし、アマ選手も評判は聞けても実際に見ることはあまりなく、動画で見た程度なのでそこはご了承ください。

1位 中村 奨成 広陵高 右投げ右打ち 捕手

ドラフト一位は中村奨成選手。

言わずと知れた甲子園6発男、清原超え、10年に1人と言われる俊足強打強肩の捕手です。

身体能力は抜群で、あとは捕手としてキャッチングやリードをしっかり学ぶことと、打撃力をどこまで伸ばせていけるか楽しみです。

今は巨人の坂本選手の打撃を参考にしているようですが、あの打ち方が本当の意味で中村の身体の作りにマッチしているのかはちょっと疑問です。

フォロースルーが大きいのはすごく良いですが、身体と構えやスイングがあっていないので、下半身のパワーがバットスイングに乗ってこないので非常に勿体ないです。

でも坂本のバッティングを参考にして坂本と同じようなフォームで打てているというのは、身体の使い方のセンスがあるという事です。

例えば今年頭角を現して中村祐太はもともとプチマエケンというようなフォームで投げていましたが、あのフォームは中村祐太の身体にはあまりマッチしていませんでした。

でも今年、プチマエケンみたいな投げ方から本当に中村祐太の身体に合ったフォームにアレンジして一軍の先発でもある程度結果を出す事ができました。

これも中村祐太が身体の使い方のセンスが良く、あとは自分の身体に合ったフォームを実行に移せたからです。

中村奨成も中村奨成の身体に合ったフォームを見つければ、打撃はいくらでも伸びます。

今は筋トレもしていないと思いますし、バットの振り込みもそんなにしていないんじゃないか、という風に見えます。

でもそれは無限の伸びしろと背中合わせです。

今までは才能とセンスでやってきた感じがプンプンする選手ですが、とにかくプロに入ったら努力努力&努力。

そして努力の効果を最大にする為の勉強をむちゃくちゃしていく必要があると思います。

1年上の坂倉と数年は競争して、捕手より違うポジションの方が活きそうな方がコンバートになると思います。

でも捕手だけではなくても、その選手が活きるポジションというのはあります。

中村奨成も坂倉も両方頑張って、将来はチームにとって欠かせない選手になって欲しいと思います。

2位 山口 翔 熊本工高 右投げ右打ち 投手

ドラフト二位は熊本工業高校の山口翔投手。

熊本工業と言うことで、言わずと知れたレジェンドスイーツおじさんこと前田智徳、そしてカマキリ投法でカープファンにはおなじみ岩見投手の後輩です。

山口翔と言えばなんといっても柔らかくしなやかな腕の振りです。あれだけしなやかに腕を振って投げられれば、当然ストレートの球質も抜群に良くなります。

たまに日本ハムの大谷がやるような、前に踏み出した左足を身体側に引く投げ方をしますが、あれをやると右足が地面から早く離れてしまい、球が高めに浮いてしまいます。

あと意識的にやっているのかは分からないですが、腕の角度が上っぽかったり横っぽかったりと色々変わります。

胴体を中心とした身体の使い方はサイドに近いスリークオーターなので、あまり上から投げるよりは素直に横に近いスリークオーターで投げた方が制球は安定しそうな気がしています。逆に上から投げたいなら上体をしっかり立てる、とか。

若い投手なので色々と試行錯誤の真っ只中という感じはありますが、とにかく柔らかな腕の振りとピュッと来るストレートは非常に魅力的です。

大化けしたらとんでもない投手になりそうな匂いのする投手ですし、安心と信頼の田村恵スカウトの担当です。

プロ入りして以降の成長が本当に楽しみな投手です。

3位 ケムナ・ブラッド誠 日本文理大 右投げ右打ち 投手

ドラフト三位は日本文理大のケムナ・ブラッド誠投手。

この投手は個人的に今年のドラフトで最も注目していた投手の一人です。

後ろが小さい投げ方はカープの薮田に似ていて、ストレートの質も覚醒前の薮田に近いものがあります。

興味のある方は、ユーチューブに動画が色々転がっているので、ぜひ見てみてください。一発で惚れると思います。

元サーファーで肩も使いべりしていないフレッシュな投手ですし、伸びしろが無限にあるタイプの投手です。

まだ下半身が相当固そうで、右足甲で地面を捉える感じなどが全くないので、球は当然上ずります。

プロに入ったらまず股関節周りをとにかく柔軟にして欲しいのと、あとは使える変化球を1,2個マスターして欲しいです。

薮田に近い投手ですが薮田くらい変化球の精度も上がってくれば、最大の武器であるストレートも更に活きてきます。

本当に楽しみな投手です。

4位 永井 敦士 二松学舎大付高 右投げ右打ち 外野手

ドラフト4位は、二松学舎大付属という事で鈴木誠也の後輩にあたる永井敦士選手。

178センチで90キロはありそうなガッチリした体型ですが、50メートル5秒8とも言われる俊足の選手です。

スイングは間を取るとかそういう概念が全くなさそうで、固いなぁという印象が強いですが、高めのツボに来た球はフルスイングでスタンドに運ぶ感じの選手です。

けっこう育成が難しそうな選手というか、体型的にも身体の使い方的にも、軸足にしっかり体重を乗せて打つような、日本人的な意味での理想的なフォームの打ち方はできないと思います。

メジャーなら永井に似た体型と身体の使い方をしている選手はいると思いますし、そのあたりを参考にしながら、自分の身体に合ったスイングを身に付けてほしいと思います。

先輩がバッティングマニアの鈴木誠也ですし、誠也にも相談したりしても良いと思います。型にはまった好選手というより、型破りで良いので永井敦士というひとつのジャンルを作ってほしいなぁと思って期待しています。

5位 遠藤 淳志 霞ヶ浦高 右投げ右打ち 投手

ドラフト5位は最近好投手を排出している霞ヶ浦高校の遠藤淳志投手。

2年前のドラフトで同じ霞ヶ浦高校の綾部の事がすごく気に入っていましたが、綾部に勝るとも劣らない身体の使い方にセンスを感じるタイプの好投手です。

最近カープがよく獲得している長身パワー系とは違いますが、遠藤のような投手らしい投手もチームにとって大切な存在です。

遠藤は体型もスラっとした理想的な投手体型ですしフォームに癖がないのがすごく好印象です。

こういうタイプの投手は身体ができれば順調に伸びて行きそうな投手ですし、あとはプロに入ってどこまで出力を上げられるか、そこを楽しみにしています。

高校でもここ1年くらいでグッと伸びた投手らしいですし、そのままプロでも身体をしっかり作って、ゆくゆくは先発ローテに入ってくれることを期待しています。

6位 平岡 敬人 中部学院大 右投げ右打ち 投手

ドラフト6位は平岡敬人投手。

中部学院大と言う事で、野間・床田の後輩という事になります。

大学時代は肩の故障に苦しみ、実戦力もまだまだ伸ばす余地のある投手ですが、フォームは個人的に好きなタイプのフォームです。

柔と剛を兼ね備えた投げ方で、恵まれた身体とも相まって非常に迫力があります。

もっと1球1球に意図を込めて集中力を持って投げることができれば、今よりもっと良い投手になれるはずだと思っています。

ひとつひとつの球もすごく良いですし、肩を万全にして早い段階からリリーフ陣に加わって欲しいなぁと期待しています。

育成1位 岡林 飛翔 菰野高 右投げ右打ち 投手

高校時点では公式戦での実績は少ないですが、それでも各プロチームが興味を持って追いかけていた投手です。

今年のドラフトはある程度まとまったタイプや速球派でもピュッと来る系の投手が多かったですが、岡林は完全にザ・剛腕というタイプの投手です。

まだまだ上半身で投げていますしプロに入ってやること学ぶことが山ほどありますが、こういう剛腕タイプはカープの育成に向いているタイプの投手だと思っています。

こういうタイプはカープの育成と相性が良さそうですし、本当に将来が楽しみな投手です。

粗削りでまさに原石ですが、とにかく馬力の強さを感じさせる投手で、将来どんな投手になってくるのか楽しみにしています。

育成2位 藤井 黎來 大曲工高 右投げ右打ち 投手

育成2位は藤井黎來投手。

高校2年の時に甲子園で投げていて、その時からフォークが良い投手だなぁと思って印象に残っていた投手です。

カープで言えば今村や藤井晧哉の流れを汲む縦のコンビネーションを上手く使う投手です。

ストレートにもう二段三段のレベルアップが欲しいですが、フォークを使える投手ですし、フォームにもストレスがない投手なので期待しています。

プロに入って出力を上げて、むりやり力を入れなくても常時145キロくらいは安定して出せるようになれば一軍でも相当活躍できるはずです。

フォーク使いなのでもっとゴリゴリした感じのポテンシャル全開系投手というイメージを持ちがちですが、どちらかと言えばすごく考えてピッチングをしているタイプの投手です。

同じフォーク使いの藤井晧哉とはまた違ったタイプのフォーク使いで、将来はW藤井で一軍でしっかり活躍してくれることを期待しています。

育成3位 佐々木 健 小笠高 右投げ右打ち 投手

静岡では早くからその存在を知られていた佐々木健投手。

動画も探しましたが全然ないですし個人的には謎に包まれた投手ですが、189センチという長身と50メートル5秒9という俊足を兼ね備えたバネのあるタイプの選手のようです。

まだまだ身体作りからという感じですが、バネのある身体なので身体が大きく強くなってくればピッチングのスケールも数段上にアップしてきそうな期待感のある投手です。

今のカープの二軍は育成環境がかなり良いチームなので、まずは二軍でしっかりと身体作りをして、持ち前の身体能力をきちんとボールに伝えられる投手になって欲しいと期待しています。

2017年ドラフトは佐々岡コーチへの信頼度が見えるドラフトだった

今年のカープは、清宮安田中村というビッグ3の一角、中村奨成をしっかりドラフト一位で確保し、二位以降は将来に期待できるポテンシャルの高い右腕を中心に指名をしました。

欲を言えば左腕が欲しかったですが、最近のカープはただ左手で投げているだけの投手はあまり好まず、左腕は精鋭をしっかり指名しています。そういった意味で、今年はカープは左腕より将来性のある右腕の方を取ったのだと思っています。

特に投手では山口ケムナ遠藤平岡岡林藤井佐々木と、佐々岡道場に送り込んでがっつり鍛えたい素材がたくさん入団してくれそうです。

その中でも特にケムナ・ブラッド誠は、股関節を柔軟にしてあとは佐々岡道場でガッと鍛えれば、来季にでも一軍で出番がありそうな印象を持っています。

皆それぞれ素晴らしい点と越えるべき課題を持った選手たちですが、どうか自分の身体に合った、全身のパワーをしっかりとボールに伝えられるフォームを身に付け、一軍で活躍できるようになって欲しいと思っています。

 - ドラフト