カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

逆転のカープ2019発動

   

去年のカープはセ界最強打線で他球団から「逆転の広島」と言われ恐れられていました。

今年は開幕から好調な出だしとはいかず、打線がまだ完全に機能しているとは言い難いですが、2019年初?となる「逆転のカープ」が発動しました。

きっかけは野村の好投

今日の野村はなかなか良い出来でした。

野村のピッチングはその日3,4球くらい投げている姿を見れば、好調か不調かすぐわかりますが、今日は良い方の野村でした。

初回に2点は取られてしまいましたが、その後はスライダーとチェンジアップを良いコースから上手く左右に散らせていました。ワンバンする球もちらほらありましたが、良い投げ方の日の野村はチェンジアップが良いコースに決まります。

野村の代打で登場した西川が変態タイムリー

野村が6回を2失点で凌ぎ、7回表に先頭の會澤が出塁し8番の安部がバントで送り、野村の打順のところで出て来たのは西川でした。

今日のカープ、というか今季のカープは甘いストライクを見送り、追い込まれてから難しい球を自分のスイングではないスイングで打たされる、という印象がすごく強いです。

西川も初球の甘いスライダーを見送って、あぁまたこのパターンだ、と思っていたら、3球目のかなり難しい球を西川得意の必殺変態バッティングで上手く外野に運びました。

あのバッティングが常時できるなら西川は不動のレギュラーです。まだ今は半レギュラーの身ですが、今季が終わる頃には不動のレギュラーの地位をしっかり自分の手で掴み取って欲しいです。

そしてその為には変態打ちも良いですが、「甘いストライクを自分のスイングで思い切り引っ叩く」ことができて欲しいなぁと思って期待しています。

フランスアは一度調整が必要かもしれない

今季フランスアのピッチングを見るのは2度目くらいですが、去年の好調時に比べ、単純に球速が5キロ近く遅いです。

力をセーブしながら投げている、と言えばそうですが、単純に去年と比べてフォームに粘りがありません。

去年はしっかり下半身から腰、そして上半身へとパワーを伝え、腕の軌道がコントロールの良い投手の腕の軌道でした。

今日のピッチングは上半身で投げていて、腕が上がらず腕の軌道が良くなく、リリースポイントもめちゃくちゃでした。

レグナルトが結果を出している現状、一旦フランスアはファームで調整させても良いかなぁと思いました。今季中には必ず必要な戦力なので、投げられる状態にしてから一軍で戦って欲しいです。

ファーストストライクから自分のスイングをする重要性

西川についてのところでも書きましたが、今季のカープは甘いファーストストライクを打ちに行けず、追い込まれて難しい球を体勢崩されて打つので強い打球が飛ばせない、という感じが開幕から続いています。

今日も松山あたりがまさにそのパターンで、初球から打ちに行ける準備ができて打席に入っているのかわからないところもありました。

今日の試合でしっかり甘い球を自分のスイングで打てていたのは、ホームランとタイムリーで大活躍の菊池と誠也くらいでした。

田中も松山も安部も悉くファーストストライクを打ちに行かないので、本当に勿体なかったです。

相手投手の高橋も地味にタイミングを取りづらい投手だったので手を出せなかったというのはあると思いますが、もっともっと甘い球をバシッと一発で仕留めるバッティングを見たいです。

ただ3点を取って逆転した9回は全体的に甘いファーストストライクを自分の間でスイングする姿勢が見えて良かったです。ああいう姿勢が相手投手に圧を与え、逆転のカープに繋がります

甘いファーストストライクをバシッと自分のスイングで引っ叩く為には、全員が初球から集中力をマックスにして、打つ準備を整えておくことが大事です。

今日の9回のカープを見ていて、改めて打つ準備、浅いカウントの甘い球を自分のスイングで打ちに行けることの重要性を感じさせられました。

明日は移動日で、明後日からは地元広島でベイスターズと対戦します。

そろそろ自分のスイングでベイスターズの投手を打ち崩す最強打線のカープが見たいですし、そろそろ地元で三連勝くらいして勢いをつけて欲しいと期待しています。

 - 戦い方, 戦略