カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

超ローテンションのヒースを見ていてちょっと心配になった。

      2015/07/31

24時間テレビでTOKIOのリーダーがマラソンやるみたいなのですが違和感を覚えてしまいしょうがありません。

TOKIOという第一次産業の従事者が何も生産せずにただ走るなんてもったいないにも程があります。

TOKIOなら畑を耕し綿花を育てチャリティーTシャツをゼロから作り上げるようなそういった役割を担ってもらいたかったです。

でもTOKIOのリーダーには親近感がわくので応援します。

そういえば今日はヒースの好投でカープは勝利をモノにしました。

後ろが小さいフォームからスピンの効いたストレートを放るのでバッターからすると球速以上に速く感じるし変化球も意外と低めに制球できるので今の所かなりいいです。今後も変化球を低めに制球できるのならモノになりそうです。

今日は来日初勝利でインタビューに答えていましたがこれがとてつもないローテンションで今後が少し心配になりました。

やる気がなさそうな態度なので結果が出ているうちは良いですが結果がでなくなると叩かれる選手になりそうで、今二軍で調整中のキラを思い出してしまいました。

私はキラのことはかなり買っています。去年キラが登場した時にホントに戦慄を覚えたしあの衝撃は近年ない感じの衝撃でした。

もちろん衝撃を受けたのはデビューから3戦4発という結果ではなくあのスイングに、です。

あのスイング動作を見て「これは本物だ、ヤバい選手獲得できてホントに良かった」と心底喜びました。

去年のデビュー当時のキラはトップを作るまでも無駄な動きがほとんどなくスイングも力みや無駄な動きやブレがなくスコーンとバットが出るので仕留めるべきボールを仕留められる確率が高かったです。

ちなみに私が特に好きなホームランは高崎投手から放った2号とサウスポー田中健二朗投手から放った4号とライアン小川から放った6号と村中投手から放った7号です。

これらのバッティング動作はすさまじいです。動きに無駄や力みがほとんどないので軽くスイングしているようでスイングのキレ味が異常です。

対して、去年終盤から今年にかけてのキラは力みからかトップを作るまでに無駄な動作が多いしスイング動作にも無駄な動作やブレが多くて結果的に捉えられるゾーンがかなり狭まっていて本来ホームランにしなければいけないボールも打ち損じが多いです。まるで3キロくらいのこん棒でも振り回しているように見えます。

そんなこん棒振り回す今年のキラを見ていると悲しくなりますが、去年出てきた頃の衝撃は私の中で消えることはありません。去年ホームランを打った時のあのスイングさえ取り戻すことができればまたすさまじい活躍が見られると信じています。

ヒースもキラもやる気が全面に出るタイプではないので活躍できなくなると叩かれやすいのは分かりますが、良い時のことは絶対に忘れたくないし仮に調子が悪くなっても手のひら返しはしたくないな、と今日のヒースのやる気なさそうなヒーローインタビューを見て思いました。

野球選手全員がTOKIOのリーダーのように全力で取り組む姿勢をアピールできて親近感がわくキャラなら良いですが、キラやヒースのようなキャラもいるのでそういった選手のこともきちんと真っ当な目で見ていたいと私は思います。

 - デュアンテ・ヒース