カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

紙一重の戦いと廣瀬のプレー意図

      2015/07/31

私は文化的教養のある知識人として有名なのですが、そんな私は今日映画を観ました。

少しマイナーで玄人受けする映画で、内容は長女が類稀な身体能力を武器に獅子奮迅の活躍を見せる映画です。

知ってますか?

となりのトトロという映画です。

知る人ぞ知る映画なのですが、私のような文化的素養のある知識人界隈では非常に評価の高い名作としてお馴染みです。

見どころはたくさんあるのですが、長女のサツキちゃんがトトロに傘の使い方をレクチャーするシーンは見どころです。

その後、トトロに傘を借りパクされてしまいハラハラドキドキします。

果たしてトトロは傘を返してくれるのか否か。それは映画のエンディングシーンで明らかにされます。

ご興味のある方はレンタルショップで借りて見てみてください。マイナーなミニシアター系の映画なのですが、おそらく5本くらいはどこのショップにも置いてあると思います。アニメコーナーをチェックしてみてください。

そして今日のカープは残念でした。(話の変え方唐突すぎないですか?ヤバくないですか?)

結果的にワンサイドゲームとなりましたが、かなり紙一重感の強い試合だったと思います。

バリントンが走塁を頑張っていれば、とか。
廣瀬の外野フライが抜けていたら、とか。
廣瀬のバックホーム返球がちゃんとしていれば、とか。
7回の大島を1塁で留めることができていれば、とか。

その後の試合はちょっと色々あって見ていないのですが、やはりやるべきことをきちんとやっていたかどうか、そこの違いがスコアに現れてしまったように思います。

廣瀬が今日は送りバントできなかったりチャンスで外野フライだったりしましたが、当たり自体は良かったし、左投手相手にしっかり引き付け右方向に打つという意図を感じさせるプレーだったので紙一重でした。

私のような文化的教養のある知識人は出てしまった結果だけをみて判断するのは好きじゃないし、プロセスやプレーの意図を常に意識しながら試合を見ています。

そんな私からすれば今日の廣瀬は運気が良ければヒーローになっていた可能性もあると思いました。

 - 廣瀬純