カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

横山竜士のタイガーウッズ投法を今村猛には覚えてほしい

      2015/07/31

タイガー・ウッズという世界的ゴルフプレイヤーがいてその人が昔言ってたことで印象に残っている台詞があって、一語一句覚えていないのでうろ覚え全開でもうしわけないんですけど紹介したい気分になりました。

なんかインタビューする人が「狙ったところに打つにはどうしたら良いんですか?」みたいな質問をした時にウッズさんが答えたんですけど、

「狙っても絶対そこに打てるわけじゃないからミスショットを想定して、仮にミスしても大丈夫な範囲をあらかじめ設定してそのゾーンに打ってるよ。」

みたいな感じで答えていてそれが凄い印象に残ってるんですが確かにそうなんですよね。

タイガースゴイです。仮にベストポイントがあっても近辺にデッドゾーンがあればそこは狙わずミスしても大丈夫なところを狙うというのは、ベストよりベターの積み重ねで勝利を挙げる素晴らしいやり方でさすがタイガースゴイです。

そういえば今日の試合でそんな投球を横山竜士が披露していました。

4回の裏で先頭にツーベースを打たれたあとに梶谷を外野フライに打ち取って1アウト3塁になった場面からでした。

バッターはそれまで2打席連続タイムリーを打っているブランコでしたが、コントロールミスするにしても甘くなるのは絶対にNGでミスしてもボールゾーンになるようなところに投げるぞ、という横山の意志がはっきりと込められた投球でブランコを打ち取りました。

次のバッターである下園選手に四球を出す訳ですがこれもハッキリ言って横山の術中です。

2アウト3塁なんで別にストライクゾーンで勝負することないので、仮にコントロールミスしてもボールゾーンに外れるような投球をするんだ、という横山の強い意志が込められた意識の高い四球で素晴らしかったです。

次のバルディリスにも同じようにボールゾーンを上手く使って打ち取った訳ですがもう円熟の極みといった投球でホント素晴らしかったです。

これが横山の投球術なので、四球は出すし球数増えるしイニング跨ぎはできないし鬼選球眼打線にはやられる傾向がありますが、1イニングだけなら十分今でも戦力としてやってくれる選手です。

LOB%というセイバー系の指標があって投手が出したランナーを返さなかった割合みたいな指標なんですが大体平均的に70%くらいに収束すると言われている指標にも関わらず横山は2012年、2013年、2014年と今のところ3年連続で80%超えていてすごいのですが、この横山特有のタイガー・ウッズ投法がそのひとつの要因になっているのではないかと睨んでいます。

まぁLOB自体、(安打 + 与四死球 – 失点) / (安打 + 与四死球 – 1.4 × 本塁打)という計算で産出されるので先発投手用の指標みたいなところがあってリリーフだとサンプル数少なくハッキリとは言い切れないですが3年連続で平均値を大きく上回っているというのはそれなりに何かしら因果関係があると見るのも自然なことなのかもしれないです。

このタイガー・ウッズ投法ができるのも横山がある程度狙ったところに投げられるコントロールと状況を読んで仮にコントロールミスをするにしてもどういうミスならOKだと割り切れる野球脳を持っているからなので横山のタイガーウッズ投法は素晴らしい投法です。

今日の試合に出ていないし完全に流れ弾で申し訳ないですが、特に今村はこのタイガー・ウッズ的思考をもうちょっとものにしてくれれば今よりもずっとずっと素晴らしい選手になれると思っています。

 - 今村猛