カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

岩隈のピッチングを中村恭平は参考にして欲しい

      2015/07/31

日米野球は普段見る機会の少ない選手を見れるので面白いです。

外国人は身体運用が独特ではちゃめちゃ過ぎて参考にしづらいので、日本人メジャーリーガーがどのようにメジャーに適応していったのか、その身体の動かし方や投球術などに注目しています。

昨日は岩隈が投げていました。

初球は上半身と下半身のバランスがぐちゃぐちゃでどうなることかと思いましたが、途中からはある程度安定して投げていました。

上半身が折れず全身を立たせながら体重移動へと入り、腰から背骨へとスムーズに回転を伝えています。

腕は背骨の回転につられて自動的に振れるようなメカニズムです。

腕の筋肉を使って投げている感じがまったくなく、あまりにも腕の存在感がないのでまるでティラノサウルスのような投球でした。

昨日は身体の沈み込みや体重移動が甘かったので制球も甘かったですがそこはオフシーズンのご愛嬌です。本気で投げればもっと投げれるであろうことは容易に想像できるフォームでした。

岩隈は長身選手、重心の高い選手の見本になるようなフォームです。腰と背骨の回転を利用して腕は回転につられて振るだけです。腕を筋肉で振ろうとせず、背骨の回転を腕に伝えているだけだから一層腕の振りが良いです。

上体が折れまくる恭平や軸が安定しない今井には是非とも参考にして欲しい見事なティラノサウルスっぷりでした。

日本の先発は金子でした。金子は2回まではツーシーム系とスプリットを中心に投げ、3回以降はようやく魔球チェンジアップを上手く使い始めました。チェンジアップは抜けが非常に良くメジャーでも通用しそうです。

野手では菊池の成長ぶりと来季以降に残された課題が同時に見ることができました。

1,2,3打席すべて2球で2ストライクの形を作られました。

その中で2打席目は3球目こそ低めのボールを見切ったものの4球目も同じように低めに落ちる球に三振でした。

対して1,3打席は2球で追い込まれたあと、3球目の甘く高いボールを上手く反応の良さでヒットにしていました。

1,3打席の反応は菊池が今季体得した猫バッティングの賜物で、力みがないから崩されても打てているというか、合気道的に言えば膝の抜きというか股関節の抜きを上手く使う崩しを利用した打ち方で、あのバッティングには今季の菊池の成長が見て取れました。

ただ2打席目のように、追い込まれてから低めを徹底して突かれるとまだ脆さはあります。来季はおそらく初球から落ちる球で攻められると思うので、そこは来季にむけての課題となります。

それでもティラノサウルス岩隈VS猫バッティング菊池の対決は見応えがあり面白かったです。

総合的に見ればティラノサウルス岩隈は追い込んだ後の詰めが甘く、そこを上手く猫っぷり全開で打ち返した菊池の勝利でした。

 - 中村恭平