カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープ対日本ハム:日本シリーズはカープがまず2勝。

   

2016年の頂上決戦と呼ぶに相応しい日本シリーズが展開されていて、観ている方も1点や1球に一喜一憂してしまいます。

今年のカープは巨人に4.5ゲーム差までにじり寄られたピンチを撥ね除けて以降、ここまで1点や一球に意味を感じながら試合をすることはなかったような気がします。

これだけ1点や1球に重みがあるというのがポストシーズンの醍醐味ですし、こういった試合をモノにして行くのは経験として必ずチーム力に還元されます。

打撃コーチ推薦の小窪が先制のタイムリー

日本シリーズ第一戦で2安打を放った安部が第二戦もサードでスタメンかと思いきや、昨日のサードは小窪がスタメンでした。

緒方監督の談話を聞くと、打撃コーチから打撃絶好調の小窪をスタメンで使うよう進言があったそうです。

その小窪がこの大事な試合で先制のタイムリーを放つわけですから、これが今のカープのチーム状態を表しています。

フルカウントになっていたので当然と言えば当然ですが、一塁ランナーのエルドレッドも走塁を怠らずしっかりスタートを切っていて、小窪の打球はまさにザ・小窪ともいえる右中間への当たりでした。

ファーストから激走するエルドレッドが見事に先制のホームを踏む訳ですが、こういった当たり前のプレーを当たり前に、たとえ助っ人外国人であっても例外ではなく皆ができるところがカープの強さです。

小窪は今年、自身の成績は芳しくなかったものの、選手会長として本当にチームを支えてくれました。

この日本シリーズ前にも黒田の引退会見とピッチングシーンを編集した映像を作ったり、選手の士気を上げる事に数字以上の貢献をしてくれています。

6回の神懸かり的なビッグイニング

そして昨日の試合と言えば6回のビッグイニングがまた凄かったです。

先頭の田中がツーベースを放ち、二番の菊池がバントのサインが出ているもののファーストのチャージを見てバスターに切り替えます。

しかもファースト方向を狙っていたのがたまたま球が内角高めに来たので反応で引っ張って、それが相手ショートがサインプレーで二塁ベースに寄っていた逆を突く打球になるのですからすごいです。

結果は勿論ですが、菊池のこのとっさの状況判断と相手投手が投げた球のコースによって反応で狙いを変えるあたりのプレーが素晴らしいです。

菊池が要所要所で魅せるこういった右脳で処理するプレーは本当に神掛かっています。

そしてレフト西川の返球も良かったですが、カープ田中のスライディングがまた神掛かっていました。

ビデオ判定で改めて映し出されていましたが、スライディングがまぁ速いです。体勢も文句なしで素晴らしいです。

ビデオ判定には色々と物議も醸し出されていますし、田中のメットが動いていたのは事実で、あれがキャッチャーミットが当たったものか捕手の手首が当たったものか、スロー映像を見ても判断できないです。

正直アウトと言われてもセーフと言われても個人的には受け入れるしかない、としか言えない程微妙なプレーでしたが、田中のあのスピードの落ちないスライディングは素晴らしかったです。

そして丸もノーサインで状況判断をしてバントを試み、これが増井投手のエラーを誘い追加点となり、誠也が復調を予感させる大きなセンターフライが犠牲フライとなって追加点。

そしてエルドレッドが高めのストレートを打った瞬間にホームランとわかる当たりでスタンドにぶち込み、これで5対1となりました。

エルドレッドがあれだけ高めの球に素直にスパッとバットが出るのは本当にすごいです。

このシリーズの勝敗を分けるキーマンのひとりがエルドレッドだと思っていましたし、あの高めの球に対しあれだけ素直に最短距離でバットが出るなら今後もエルドレッドには期待しかありません。

復活した野村祐輔の「ずらしピッチング」

昨日の野村は絶好調とは言えない出来で、全体的に高め、甘目に行く球が多かったです。

それでも何とか試合を壊さず6回を投げ切れるのが今年の野村祐輔のピッチングです。

去年から野村に対してはずっと色々と記事を書いてきて野村にはずっと期待し続けているので、今年の野村の好投は個人的に本当に嬉しいです。

よくトレーニングをしているだけあって、去年の野村と比べれば今年の野村はまずフォームが完全に安定しています。

上体が真っ直ぐ起き、身体の開きを最後まで我慢してそこから身体の軸がクルッと回転して投げれているのでコントロールも良くなります。

そして昨日魅せたような、相手バッターのタイミングを絶妙にずらすピッチングがまた素晴らしいです。

昨日の3回だったと思いますが、日ハム近藤選手が野村のピッチングに対しずっと「おかしいなぁ」というような反応で首をかしげていました。

ああいう一球一球絶妙な間合いとタイミングで、相手バッターからすると打っているのではなく打たされている状況を作るピッチングが野村祐輔の真骨頂です。

もちろん今年プレートの一塁方向に足をかけ、その結果右打者の内角を攻められるようになったことも大きいです。内角を突けるようになったことで本当にピッチングの幅が広がりました。

とにかく的を絞らせない、相手打者からするとずっと違和感を覚えながらバッティングさせられる、という幻惑ピッチングが今年の野村祐輔の持ち味です。

フォークをマスターして復活した今村の唸る剛速球

そして野村の後を継いで7回に登板したのは、今年フォークをマスターして復活した今村でした。

今村も去年の後半から復調の気配が出ていたので今年ものすごく期待していた選手のひとりですが、この復活は個人的には想像の斜め上を行くものでした。

今年の今村と言えばフォークが最大の武器で空振り三振を取りまくる投手として復活しました。

ただ昨日の今村はフォークだけではなく、ストレートが唸っていました。

よく唸りを上げるストレート、という表現がありますが、まさに昨日の今村のストレートは文字通りとてつもない唸りを上げていました。

桁違いの軌道で伸びあがりながら、それでいて重みも感じさせる異常なレベルのストレートでした。

岡選手から三振を奪ったストレートなんて本当に惚れ惚れするようなキレッキレのストレートでした。

ピンチの場面で登板して三振を奪い相手チームの勢いを削ぐ、というリリーフ投手にとって最も難易度が高くそして価値の高い役割を今の今村ならきっと果たしてくれるだろうと頼もしく見ています。

今年のカープ打線は本物

ズムスタで2連勝を飾ったカープは第三戦から日ハムのホーム札幌ドームで戦います。

第三戦の日ハム先発は有原、第四戦は高梨と150キロ級のストレートを投げる好投手が続きます。

それでも今年のカープはシーズン中から、マイコラスを打ち崩し、岩貞も打ち崩し、メッセンジャーを滅多打ちにし、藤浪から6点取り、田島から3点を取り、大野から11点を取り、山口を打ち崩してきました。

有原、高梨両投手もしっかりとチームとして対策をして一球一球を大事に試合に臨めばきっと良い結果を出せると思うので、残りの試合も楽しみに応援していこうと思います。

 - ポストシーズン