カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

菊丸コンビはここがスゴイ

      2015/07/31

まず今日は福井です。最近では見た事ない程フォームが乱れていました。

今季復活してからの福井は、去年まであったフォームの構造的な欠陥が直ったことによって調子がよくなっていたのにまた構造的な欠陥が顔をのぞかせていました。

今日は初回の途中から見はじめて、西田への2球目のストレートなんかはフォームもキレイで球質も素晴らしかったですが、全体的に見ると良いフォームが3で良くないフォームが7といった割合でした。

良くない時の福井は静止状態の時に重心がつま先方向に寄り、軸足の右足全体で立てずに前傾姿勢になってしまう為、軸が安定せずリリースポイントもバラバラになります。

良い時は静止した時に左足を少し下げることがハマりまくって体重がつま先の方に寄らず、右足全体で身体を支えることができ、左足を上げて投球動作に入っても軸足中心に体重を上手く支えられているのでフォームが安定します。

CSでは必ず出番がある投手なのできっちり修正してCSではまた安定感のあるピッチングを見せてくれると期待しています。初回の西田への2球目、素晴らしかったです。あの感じです。

で、今日の本題は菊丸コンビの凄さについてです。

まず菊池ですが菊池はもう猫です。あれは猫です。グランドに犬がいると言われる菊池ですがあのプレー全般の柔らかさは猫です。バッティングは特に猫っぷりがすごいです。

解説の金村さん大絶賛でしたがホント素晴らしいです。構えに力感がまったくないです。猫がバット持っている感じです。力感がないのでコースやタイミングに対応できる範囲が異常に広いです。

このまま行けば菊池は来季首位打者か最多安打のタイトル獲ると思います。

あとすごいのは丸です。まわりから菊丸コンビと言われて菊池のことを意識しないはずはないですが変に意識しすぎないところが素晴らしいです。

菊池の猫のようなプレーは丸にはできません。丸はそこまでプレー全般に柔軟さはないんですが選球眼は素晴らしいので、無理に柔軟さを出そうとしたバッティングはしません。見た感じ一球で完璧に仕留める集中力で勝負するバッティングを徹底的に磨いています。

普通、自分にはできないような柔らかいプレーを同級生がしていたらついつい自分も出来ないことを無理にやろうとしがちですが丸はブレません。身体の構造に合ったプレーを選択できるその野球センスが素晴らしいです。

一球にかけるあの集中力と確度をもっと磨けば、将来は首位打者というよりは30本塁打の方が可能性として高いような気がします。

二人とも身体の構造がまったく違うけれど、二人とも自分の身体をきちんと理解して自分の身体を最大限に活かすようなプレーを自分で確立できているところがホントに素晴らしいです。

あと最近トマトの話してなかったんですが今日のおしゃれイズムで水川あさみちゃんがトマト好きらしくてトマトの特集していました。

そこで美味しいトマトの見分け方を解説していたんですが、美味しいトマトはトマトのヘタ部分がピンと立っているそうです。あとトマトのヘタとは逆の部分が放射状になっているのが美味しいトマトだそうです。

トマトはおいしいし身体にも良いし、半分に切ると絶妙なラウンド加減でまるで赤ヘルみたいでカッコイイのでみんなトマトを食べて元気に平和になれば良いと思います。

 - 丸佳浩, 菊池涼介