カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

【菊池涼介2015】バッティング不調の原因と復調のカギはどこ?

      2015/07/31

今日の黒田はランナーは出していたけど踏み込みはきちんとできていたし印象は悪くなかったです。良くはないけどぼちぼちといった印象でした。

ただ7回は踏み込みが甘くなっていました。ピッチングは物理現象なので黒田のフォームで踏み込みが甘いと高めに浮きます。失点はある程度起こるべくして起きた失点でした。

ただ全体的に見れば7回1失点でよく粘っていました。また調子を上げて110~120球投げても身体全体を使ってピッチングできるようになってくれればもっと勝ち星も伸びるはずです。

菊池のバッティング

で、今日の本題は菊池のバッティングについてです。

ずっと書こうと思っていながら時間がなく書けなくて今日こそ書こうと思っていたタイミングでサヨナラホームランをかっ飛ばしてくれました。

勝利に直結するナイスホームランでした。

ただ調子自体はそこまで良くなく、今年に入ってからはずっと調子は低空飛行が続いているのが実情です。

去年開眼した猫バッティングが今年は影をひそめていて、緩い球に体勢を崩されての空振りが非常に多く、速い球に差し込まれて力ないフライが右方向に上がる。ずっとそんな感じです。

ただこの結果には具体的な理由があってそうなっている訳で、具体的な問題点を克服すればまた去年のように爆打ちできるのは確かです。

正直言って菊池のバッティングセンスは天才的です。個人的には、今年は首位打者か最多安打獲ると思っていたくらい菊池のバッティングセンスは凄いと思っています。

2015年版菊池涼介バッティングの問題点

今年の菊池のバッティングには構造的に欠陥があります。

そもそもバッティングの基本は身体の正面でボールを捉えることですが、今年の菊池はポイントが投手寄りにかなり寄っています。

そうなるとタイミングの合うゾーンが狭くなり、緩い球には崩されて空振りになるし、なんとか身体を残して良い当たりで捉えてもボールが切れてファウルになります。

逆に速い球に対しては、少しタイミングが遅れただけでライト方向や内野に力ないフライが上がってしまいます。

これは物理的な現象で、投手寄りのポイントで捉えるつもりでタイミングが遅れるとそのようになります。今日の1,2打席の内野フライなんかはその典型的な当たりでした。

実際菊池の打球方向別打率を見ると、レフト方向は.319、センター方向は.250に対し、ライト方向が.084となっています。

ちなみに去年はレフト方向は.388、センター方向は.265、ライト方向は.329でした。

今年はまだ打席数が少なくサンプル不足による偏りという面もありますが、物理的に今のバッティングメカニズムでは右方向へは生きた打球が飛ばないようにはなっています。

2014年に体得した猫バッティングをもう一度取り戻すこと

去年の菊池は身体の正面でボールを捉えることができていました。

だから緩い球で体勢を崩されても猫のような身のこなしで体勢を残して打てていた為レフト方向へ長打が出まくりでした。

速い球に振り遅れても身体の正面で捉える意識があれば右方向へ生きた打球が飛ぶのでそれなりにヒットになります。それが去年のライト方向打率.329に繋がっていました。

しかも身体の正面で捉える意識で構えていたので、トップの溜めも深くなり下半身から腰の回転を使ってスイングにパワーが最大限伝わります。バッティングメカニズムが非常に合理的です。

去年はキャンプから徹底的に右方向へのバッティングを磨いていたので、カギはあのバッティングです。身体の正面でボールを捉え、右方向へ打つバッティングを思い出せばここからまだ巻き返しは十分可能です。

これは別に難しいことではなくある意味簡単です。なぜなら去年一度体得した技術は身体が覚えているからです。

あとはそれを身体に思い出させるだけです。去年のキャンプでやっていた右方向への徹底した打撃練習を繰り返して身体の正面でボールを捉える意識を思い出せばすぐ復調します。

あの猫バッティングを取り戻せば、緩い球にも猫並みの身のこなしで体勢を崩されながらレフトに長打を打てるようになります。また速い球に振り遅れても右方向に生きた打球が飛びます。結果的に打率は飛躍的に上昇します。

菊池の場合は本当にそこだけです。

菊池は守備の人ではありません。将来的に首位打者か最多安打を獲る選手です。それくらい菊池のバッティングセンスは天才的なものがあります。

 - 菊池涼介