カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

九里亜蓮の新たなウイニングショットと、北別府さんが指摘した課題。

   

もともと九里とライアンということで勝敗を期待するのは厳しいとは思っていましたが、個人的に九里がどういったピッチングを見せてくれるのか。そこを楽しみにしていました。

結果的に試合全体で見ると散々でしたし、九里自体のピッチングも期待が大きいだけに物足りない部分が大半を占めてしまいました。

九里の新たなウイニングショットは縦スラ?

物足りないピッチングの中でも、何球か良い球もありましたし、3回に山田を空振り三振に仕留めたスライダーや畠山を仕留めたスライダーのキレ味はかなりのものがありました。

あれは縦スラでしょうか。鋭く落ちていました。

空振りした山田のリアクションが全てを物語っていました。

解説によると身体を縦回転で使うことを意識しているということでしたが、確かに軸回転を上手く使った時の球は良い球でした。

スライダーも切れまくり、ストレートも140キロそこそこでしたが、かなりピュッと来ていて良かったです。

とにもかくにも、あの縦スラが素晴らしかったです。

軸回転を使って投げられていたので、球のキレが良くブレーキも効いていて空振りを奪える、ウイニングショットになりうる球でした。

九里の課題は安定感

まぁ切れ味鋭いボールもあるにはあったのですが、全体的に見ればまだピッチングのバラつきがかなり大きいです。

全体的に見れば、目を見張る球が2割程度、4割程度がぼちぼち、残り4割がダメな球といった配分で、いずれどこかで捕まるようなピッチングではありました。

今日のピッチングでは結果的に抑えられることもあれば打たれることもあるし、もう少し自分の意志でボールを意図的に操れるようにならないともう一段上には行けないです。

もう一段上に上がりローテで二桁勝つためには、良い球を4割程度、ぼちぼちの球を4割、ダメな球は2割程度に抑えられるくらいは、自分の意志でボールを操る必要があります。

とは言え、良い球は本当に良かったです。

北別府さんが指摘した九里の課題

今日の解説は北別府さん。北別府さんはなかなかの辛口で今日も九里に対してけっこう厳しい要求をしていましたが、言ってる内容自体は正論でした。

端的に言えば、
上体が強い投手なので、抑えに掛かろうとして力が入れば入るほど球が抜ける。
身体がくの字型になるので、そうなると縦回転じゃなく横回転になってしまう。

上記2点です。

もうそのまますぎて付け加える必要がないほど正論です。

個人的に気になる点

九里は去年から身体が一塁方向に流れる悪癖がどうこう言われていました。

ただ九里の場合、一塁方向に身体が流れるのは自然の摂理であって物理的におかしなことはないので、それをあえて治そうとしているのが個人的には不思議でした。

詳しいことは本人にしか分からないですが、私が見ている限りでは、九里はなるべく腕を高い位置で振り球に角度をつけたい、という意図を持ったフォームのように見えます。

右腕を高い位置で振ると当たり前に身体は自然と左側(一塁方向)に傾きます。

それは多くの外国人ピッチャーがそうであるように、角度をつけたいピッチャーの宿命です。

それをむりに修正しようと変にクロスに踏み込んだりしていて春先は完全にラビリンス状態でしたが、今日はおかしなクロスステップもなくそれなりに自然なフォームになっていました。

あとは身体の縦回転を意識するなら、上体がくの字型に折れないように意識すれば良いだけです。

上体に力が入るとどうしても前かがみになりますが、なるべく状態の力を抜いて、胸を張ってフィニッシュまで持っていけるようになれば、もっと安定感が出ます。

骨盤の上に背骨を乗せるイメージで、腰の回転をそのまま背骨に伝えてあげればフォームも安定します。

このあたりは北別府さんの言う通りです。

まだまだ九里は鍛錬が必要ですが、また次のチャンスは来るはずなのでその時には更に進化した姿を見せて欲しいと思います。

進んでいる方向性自体は正しい方に向かっています。

 - 九里亜蓮