カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

九里亜蓮の左肩が上がる投球フォームについて

      2015/07/31

熱心なファンの方に怒られるのは百も承知で言いますが、今日の試合は今井が2塁に悪送球&押し出しの場面までしか見ていません。

そこから別のテレビ見ていて、そうしたら平愛梨ちゃんが出ていて可愛くて可愛くてしかもあの可愛さで29歳で私と大体同年代という事が発覚して、そういえば平愛梨と幼馴染だったような気がしてきてウィキペディア見たら平愛梨ちゃん阪神タイガースファンらしくて、そういえばそんな気がしてきたし、ふたりで仲良くパワプロやったよね、あのころ和田さんも野村監督も現役だったよね、愛梨ちゃん伝説の遠山葛西遠山やったよね、俺がロペスでサヨナラスクイズ決めたら愛梨ちゃん怒ったよね、とかそんな記憶が脳内に刻み込まれました。幸せな気持ちになりました。全部やってません。

正直言うと、ファンだから試合終了まで試合を見続けないといけない、とか融通の利かないファンの矜持みたいなのが無理なんですよね。選手への度を越した野次はアウトだと思うのですが、試合を最後まで見る見ないはファンの自由なのかなと。

その結果ミラクル逆転劇を見逃すことはよくあるのですがしょうがないと思っています。ミラクル逆転劇のカタルシスより普段の負け試合を回避するメリットの方が個人的には大きいような気がするので、もう見たくないなと思ったら平愛梨ちゃんにチャンネルを変えても良いと思っています。

今日は九里が野村監督と山内コーチに公開説教を受けていました。

話の内容は分からないのですが九里の投球を見ていて良いボールが行く時と悪いボールが行く時はすぐ分かります。

九里は一球一球フォームが違うのですが、投球時に左肩が上がっていると砲丸投げのような形になって球が高くなります。逆に両肩が水平の状態で投げられれば低めに投げられます。

今までの九里の投球はほとんど全て左肩に懸かっていて、左肩さえ上がらず両肩が水平であればほぼ例外なく球は低めに行くので、両肩の位置関係だけ意識して投げればよいのになぁと思いました。

「打たれた球は全部高くて甘かった」と猛省したらしいのですが、表面化された結果を反省してもしょうがないし、なぜ球が高くなるのか、その理由やプロセスを考えて次のチャンスがあるのなら次に活かすことが必要だなと思いました。

最近はブログを真面目に書いています。あと、平愛梨ちゃんのバラエティ力半端ないと思いましたたたた。

 - 九里亜蓮