カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

黒田効果で期待したいのは野村祐輔と九里亜蓮

      2015/07/31

黒田がカープに復帰することで得られるプラスは黒田の成績のみに留まりません。黒田自身の成績よりも、その影響力の方が大きな財産となりそうです。実際すでに色んな投手が黒田から学びたいという発言をしています。

カープでバックドアが流行る?

黒田の影響は多岐に渡りますが中でも私が注目しているのは、黒田が武器としているバックドアやフロントドアがカープで解禁されるかどうか、です。

去年も記事にしようかと思っていた事ですが、カープは頑なにバックドアやフロントドアを使わないチームです。これが捕手の個人的な志向なのか、首脳陣やバッテリーコーチからそういう指導が出ているのか分からないですが、とにかく頑なに使いません。

ただ今年は黒田が復帰しました。言うまでもなく黒田と言えば、ツーシームでバックドアやフロントドアを有効活用する投手です。日本の球でツーシームの曲がりが小さくなるとは言え、普通に考えれば今季もツーシームでバックドアやフロントドアを使うと思います。

勿論ドア系の球は甘く入れば危ない球だし、打たれた時に後悔したくなると言ったデメリットもありますが、他の球種を一層効果的にしてくれるというメリットもあります。

野村祐輔に期待したい

例えばノムスケ。

左バッター相手に内角のボールゾーンからストライクに入ってくるフロントドアのシュートを投げるとします。するとバッターは内角を意識せざるを得ないので、詰まるのを嫌ってポイントを前に置きます。さらに無意識に身体の開きも早くなります。

となれば、あとはもうノムスケの必殺魔球チェンジアップで抜けばほぼ打てないです。ノムスケに関して言えば、左バッターに対してフロントドアのシュートからチェンジアップのコンビネーションで無双できる気がします。

右バッター相手にも外角のボールゾーンからストライクゾーンに入るバックドアのシュートを投げればカウントを整えやすくなります。

また、バックドアでストライクを取れば相手バッターは外角のストライクゾーンを広げざるを得なくなります。となれば外角に逃げる球が一層効果的になります。

ドア系の球は単体で見ると甘く入ると危険な球ですが、ドア系の球を使う事で、同じ外角でも入ってくる球と逃げる球の2種類の残像を打者に植え付ける事ができます。バッターに2種類の軌道を残像として植え付けておけば、瞬間的な判断を遅れさせ打ち損じを狙えます。ノムスケや九里は本来、こういったクレバーなピッチングが出来る投手です。

黒田の投球術で技巧派ピッチャーが活躍する?

去年のカープはマエケン、大瀬良、ヒース、中崎、中田、一岡、戸田、福井あたり、要は球に力が有りストライクゾーンで勝負できるピッチャーしか活躍できませんでした。

逆にノムスケや九里等ストレートに力がない投手は、ストレートは甘いと打たれるから四隅を狙わざるを得ません。さらに変化球はストライクゾーンからボールゾーンになる球しか投げられなければ、当然ピッチングは窮屈になって結果を出すのに苦労します。

今季、黒田効果によって仮にチーム全体にドア投法を導入すればノムスケや九里あたりのボールゾーンを上手く使う投手が活躍できる可能性が広がります。少なくとも去年までの窮屈なピッチングではなく、もっとストライクゾーンを広く使いコンビネーションで打ち取れるようにはなるはずです。

勿論大前提として、ノムスケは身体を絞って1年目のようなバランスの良い沈み込みと体重移動を取り戻す必要があります。九里は現在取り組み中の力感のないフォームを固めることが先決です。

その上でバックドアやフロントドアを使えばストライクゾーンを広く使え、本来の武器である多彩な球種によるコンビネーションで打ち取るクレバーなピッチングで飛躍する可能性が高まります。

九里は球種が豊富で球数放れて打者との駆け引きができる、完全に先発向けの投手です。それに何より気持ちが強いです。九里に関しては畝コーチの言うように先発として成功させるべき投手です。

という訳で黒田復帰によってこの辺りのチーム方針がどうなるか注目しています。

黒田のみドア系の球が解禁されるのか。それとも黒田が去年までのチーム方針に合わせドアを封印するのか。あるいはチーム全体でドア系の球が解禁されるのか。

解禁するならキャンプから意識して練習しておかないとシーズンでは使えないので早めの対応が大事になります。NPB全体で見てもドア系の球は主流になっていないので、球種が豊富でバッターを見ながら駆け引きできる投手はきちんと練習して扱えるようにすれば大きな武器になります。

こういった点から見ても、黒田復帰はカープにとって大きな意味を持つ補強となりました。

 - 九里亜蓮, 野村祐輔