カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

見逃し三振は必ずしも悪なのか

      2015/07/31

みなさん見逃し三振についてどう思いますか?

昔気質の評論家さんなどは見逃し三振を「バットを振らないと何も起こらない」と言い、まるで目の敵のように嫌うことがあります。

たしかに見逃し三振は、さまざまな打席の中でもっとも何かが起こる可能性の低い打席となってしまうのですが、私は見逃し三振は別にキライではありません。

野球というのは一打席だけで全てが決まる競技ではありません。3つのアウトを奪われるまでにいかにして4つのベースを駆け抜けるか×9回を互いに繰り返し行うスポーツです。

ということで、ひとつの見逃し三振がその後の4つのベースを駆け抜けるに大いに貢献することも多々あります。

たとえばフォークを決め球に使う投手の場合、一番嫌な展開と言えば低めのボールを見極められることです。

低めを見逃されるとフォークがボールになってカウントが悪くなりフォークを使いづらくなりますし、甘い球が来る確率が上がります。逆に一番楽な展開と言えば、低めのボールを空振りしてくれることです。

今文章をここまで書いた上で、たまたま明日の予告先発を見たところ中日さんの先発は濱田投手でした。

たまたまではありますが、濱田投手と言えばフォーク使いの投手です。持ち球はストレートとスライダーとフォークでストレートの割合が6割近い投手です。

濱田投手は若いカウントではストレートの割合が非常に高く、2ストライクになるとフォークとスライダーの割合が増える傾向があるようです。データ上では特にフォークの割合が多くなるようです。

こういう投手を相手にする場合、追い込まれる前に狙い球を絞り打つことも大事ですが、目付を上げてストライクゾーンを高めに設定することも重要です。むしろそれが一番重要と言っても過言ではありません。

低めは捨て真ん中から高めに狙いを絞り、仮に低めのストレートを見逃し三振したとしてもそれは別に構わないと思っています。

むしろ追い込まれたからと言って低めにも手を出してフォークで空三とかが、一番濱田投手を助ける結果になります。

そういった意味で、明日の試合はカープの打者が低めの球をどれくらい見逃せるかに着目したいと考えています。

個人的な印象ですが、濱田投手はそこまで低めにズバズバボールを集められる程のコントロールは持ち合わせていないと思うので、高めにくるボールもある程度はあるはずです。

いかに高めのボールに狙いを定め、低めは見逃し三振で上等だ、くらいの気持ちで臨めるかが大事になってくるのではないかと予想しています。

 - 戦略