カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

中田廉の不調と丸の激走

      2015/07/31

廉に関してはもう何も言わずに見守って良い形になった時に褒めようと思っていたんですが一向に好転しないです。シーズン序盤とは別人のようにフォームが変わってしまいました。

通常、ピッチングは下半身から始動して体重を前に移動させながら上半身を動かし始めるというメカニズムで行うものですが、今の廉は下半身と上半身がほぼ同時に始動してるといっても過言ではないくらい、上半身の始動が早すぎます。

こうなると下半身の力を利用できないので上体に力が入り軸回転の速度は落ち、体重は前に乗らないしタメはなくなって身体が開いて球離れが早くなって、と良いことがひとつもありません。

残り3試合なんでファームでの調整はないと思いますが、一軍にいてもフォームの修正はできると思うのでCSまでにはマトモなフォームに治して良いピッチングを見せて欲しいと思います。ここまで必死に投げてきた廉には良い形でシーズンを終えて欲しいです。

とりあえず、下半身と上半身が一緒に始動するような今のフォームが異常で、それを下半身から動かして体重を前に乗せて上半身を動かすという正常なフォームに治すだけなので、難しいことではないですし一軍帯同しながらでも修正は可能なはずです。フォームが正常に戻れば球の質、コントロール、投球内容、すべてにおいて現状よりは改善すると思います。

そんなこんなで廉が逆転2ランを浴びかなりイヤな展開でしたが、7回裏のラッキーセブンの攻撃でカープは6点を奪いシーソーゲームをモノにしました。

個人的に、7回の6点の猛攻を産んだのは丸の激走だったと思っています。

あの回は1アウトから丸が出塁したけど、ピッチャーの牽制球が丸の首付近に直撃して一旦丸は治療の為ベンチに下がりました。大丈夫かな、と不安に思っていたところなんとか無事にグランドに戻り、なんとその直後(!)にランエンドヒットを仕掛けエルのレフト前の打球で3塁まで激走していました。

私は傍から見ていただけですが、それでもあの走塁には胸を打たれたのでチームメイトも感じるものがあったはずで、あれよあれよと打線が繋がり仕上げは會澤の復帰即ホームランでこの回だけで6得点を奪い大逆転。

普通は速めの牽制球が首付近に直撃したら、治療で間を置いたとはいえその直後にランエンドヒットで3塁到達なんてできないです。めちゃくちゃすごい激走です。あの走塁で空気が完全に変わりました。カープが生き返りました。

ホントに丸がこのチームにいて良かったと思った瞬間でした。

 - 中田廉, 丸佳浩