カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

會澤のナイスバッティングと野間の課題とは?

      2015/07/31

會澤のバッティングは去年の爆当たり中のバッティングでした。先制タイムリーは強引さがなくきちんとミートしていく感じで、あれができれば率が残せるしパワーもあるので長打も自然と出るな。

と思っていたら6回の2ランホームラン。まったく強引なところがありません。スムーズにバットが出てミートできているからボールもスムーズにかっ飛びます。7回満塁のチャンスでは実際のバッティングは少し強引だったけど初球の見送り方は良かったです。

福井のピッチングも6回以外は素晴らしかったです。6回以外は上体をきちんと立てて足の裏全体で身体を支えられていました。

物理的にきちんと低めに行く投球フォームの時の福井は気持ちいいくらいミットにスパンとボールが吸い込まれます。ストレートは伸びるし変化球も低めに決まります。2回のゴメスに対するピッチングなんてすごかったです。完全に手玉に取っていました。

松山と小窪の盗塁も良かったです。ああいうのが盗塁です。まさに塁を盗んでいました。あれが成功するべくして成功しているプレーです。

時にギャンブルのようなプレーも必要ですが、基本的にはひとつひとつのプレーの成功率を高めていくことが大事でそのためには相手をきちんと観察することが大事になります。相手を観察することで色々なことが分かってきます。勢いだけに頼らない戦い方ができるようになります。

ちなみに野間はバッティング改造中なのであまり無茶は言わないですが、さすがに現状ではメッセのストレートには負けます。グリップが身体から遠いです。ピッチャー目線で言えばバットが長く見えます。

野間は体幹が鬼強いからあれだけ腕が伸びた状態でも体幹で振れてしまうけど、もっと右腕を柔らかく身体に巻き付くようにして打てるようになれば内角も打てるしストレートに振り負けずに打てます。そうなると本格的に柳田化待ったなしです。とりあえず現状でもスイングそのものや身体の軸の強さには目を見張るものがあります。

全体的に見て最近のカープは打線が好調です。といっても身の丈以上のバッティングをしている訳ではなくもともとこれくらいの技術はもっているチームです。今は技術力の高い選手たちがチーム一丸となって相手バッテリー攻略に意図を持って臨んでいるので高い技術が勝ちに直接結びついています。

あと全然関係ないですが阪神の渡辺投手の登場曲がハイロウズの千年メダルなのが懐かしくて良かったです。

ヒロトのすごい所は、言葉が借り物の言葉じゃないところです。

ちょっと目新しいだけの文体で既視感のあるガジェットやクリシェをそれっぽく聞こえるよう耳当たりよくコーティングしただけで内容の伴わない安っぽい癒しを生み出す言葉の冒涜者とはぜんぜん違います。

 - 會澤翼, 野間峻祥