カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

2015オープン戦スタートで野間がホームラン

      2015/07/31

この週末にプロ野球のオープン戦がスタートしました。カープは1番ライトに野間を置きなるべく多く打席を経験させているようです。

昨日のオープン戦ではさっそく弾丸ライナーをライトスタンドに突き刺し緒方監督を喜ばせていました。あの打席のスイングスピードはカープの出場選手の中では會澤の次に速かったように見えました。フォロースルーまでのスイング軌道がかなりキレイで、まるで長距離砲のバッティングです。

というかあの打席だけでなく全体的に野間のスイングを見ていると右肩がかなり上がってアッパー気味のスイングになっています。あのスイングだとインコースの速い球は苦労するので、これからプロの壁にぶちあたるとすればそこだろうなと思います。

ただスイング自体は身体の軸がしっかりとしていてブレずに振れるので打球は飛びます。その分、右肩が上がるところを下手に修正するのはこわいですが、新井コーチと一緒にインコースの課題を克服して欲しいです。

あとはホームランの次の打席でフォークを狙っていたのも良かったです。前打席でストレート一本待ちバッティングだったので当然次はフォークが来る、というのを想定して打ちに行ってました。結果は内野ゴロでしたが意図の見えるバッティングでした。

守備ではライトからサードに送球して補殺を記録していました。本職センターの選手がライトに行くと景色が変わるし三塁が非常に遠くに見えるので三塁への送球は勇気がいります。そこで状況判断をしっかりとして思い切りよくサードに向かうランナーを刺していたのは良かったです。

全体的にプレイヤーとしてのスケールが大きく性格も勝ち気で物怖じしなさそうで、まさにドラ1の器だなという印象です。

巨人の選手で印象に残ったのは中井選手です。

ソフトバンクのイ・デホ選手のようにバットを肩にかついで構えていてトップの作り方が非常にスムーズで良い感じです。もともとトップの作り方が上手いという印象はありましたが、イデホ式バット担ぎが上手くハマっています。

バットを肩に担ぐのは上体に力が入らずにトップを作れるので、構え遅れさえ気を付ければかなり良いスイングになります。しかもグリップ位置が身体に近くなるので身体にバットが巻き付きヘッドの出がスムーズになります。あのバット担ぎはプロでも少数派の構えですが実はかなり理に適った打ち方なので今回中井選手を見て強く印象に残りました。

ちなみに今日のロッテとの練習試合はボロ負けしたみたいですがそこまで心配していません。

対外試合で菊池や丸が結果を出していなくてもそれがどうした、といった感じです。現状のカープでもっとも完成度の高いバッティングをするのは丸で次点が菊池です。このふたりのバッターとしての完成度は他チームの主力選手と比べてもまったく遜色ありません。むしろ今の時期調子が良くないからと言って菊丸を信じられないなら一体誰を信じられるのかと思っています。菊丸のふたりは活躍するに決まっています。

 - 野間峻祥