カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

野村祐輔は魔球チェンジアップをもっと上手く活用すれば良いのに

      2015/07/31

本題に入る前に昨日の試合について。

昨日は試合が終わってねむたくてすぐ寝たんですが、どうも延長12回に會澤にバントさせた采配がいたるところで叩かれているようです。

木村昇吾を使わず會澤にバントさせた采配はダメ?

大体の意見としては木村を使わずに會澤にバントさせたことが気に入らないみたいですが、あの状況で木村をピンチバンターとして使える訳がないです。

仮にあの状況で會澤に変えて木村を起用すればその時点で相手チームに「うちは今からバントしますよー!ブルドッグどうぞー!」って宣言してるようなものですからね。

そんな状況では木村が超絶天才バント職人だったとしてもバント成功確率なんてせいぜい30%が良いところです。しかもランナー1,2塁なのでフォースプレーになりますし、どう考えてもピンチバンター木村は悪手です。

まぁ攻撃的に行くなら木村を代打に送って強攻策というのがもっとも攻撃的な采配でしたが、どうしてもバントで送りたいなら會澤にバントさせるしか手はないです。

少なくとも木村を代打に使うならバントという選択肢はその時点でなくなります。

それくらいあの状況で會澤に代打で木村を出してバントさせる、というのは悪手中の悪手です。成功率が限りなく低すぎます。

正直緒方監督の立場になって考えれば、あの場面でバントをさせるなら會澤にそのままバントをさせるしかないよな、というのが個人的な感想です。

野村祐輔は追い込んだら外角に偏る

という訳で今日の試合ですが、今日は野村が不調で打たれた時点で厳しかったです。能見の調子が良さそうなだけに粘って欲しかったですがちょっと残念なピッチングでした。

というか追い込んだらほとんど外角ばかりでした。

1,2回は見れてないので分かりませんが、映像を見た3回以降では3回の福留しかり、4回のゴメスしかり、4回の上本しかり、徹底して追い込んだ後外角に投げています。

追い込んだ後は外角の球で決めないといけない縛りでもあんのかなと思うくらい外角で決めようとしていますが、根本的に野村のウイニングショットとは何か、というところから考えれば外角で決める必要性はまったくありません。

野村祐輔の決め球はチェンジアップ

「野村には決め球がない」と言うファンがいますが、野村には超絶魔球とも言えるチェンジアップという武器があります。あれは紛うことなき決め球です。

あとは頻度としては高くないですが、きちんと腕を振ったカーブなんて絶対打てないレベルでキレッキレです。あの球も決め球として使えるレベルです。

じゃあカーブとチェンジアップという抜いた球を武器にする場合、どうその武器を使えば良いかと言えば、当然のことながらストレートを意識させること、内角を意識させることが必要になります。

だからこそ追い込んだ後は思い切って内角にストレートを放ったり、左バッター相手ならフロントドアのシュートを思い切って投げたり、膝元にスライダーを投げたりする必要があります。

そうすれば相手バッターも「最後は内角に来るのかな、ストレート放られて振り遅れると嫌だな。」と思い無意識に開きが早くなりポイントが前になります。

そうなればあとはチェンジアップやカーブで抜いてやれば一丁上がりです。

追い込んだ後こそストライクゾーンを広く使う

抜いた球で決めるなら、追い込んだ後は内角やストレートを意識させないと厳しいです。

相手が「どうせ外角に抜いた球投げるんでしょ」と思っていれば、どれだけ魔球レベルのチェンジアップでもその効果は半減します。

どうも野村の場合は追い込むまではいろんなコースを使うのに、追い込んだ後の攻めが外角の抜いた球一辺倒になり相手に読まれ粘られカウントが悪くなって痛打、というパターンがよくあります。

正直言えばあのチェンジアップとカーブがあれば、ストレートとのコンビネーションだけで抑えられるレベルです。しかもシュートもスライダーもあるのになぜか追い込んだ後の攻めがワンパターンになって勿体なさ過ぎます。

追い込んだあとこそ内角やストレートを意識させることでカーブやチェンジアップ等抜いた球が有効になります。

相手に嫌がられるピッチング

今の野村のピッチングでは相手は嫌がりません。怖さがないです。どうせ追い込まれても外角に抜いた球を投げる確率が高い訳ですから焦りもしないです。

それだとせっかくの魔球が台なしになるので、もっともっとゴリゴリとしたピッチングで相手バッターに嫌がられるような、怖さを与えられるピッチングを期待したいです。

そうすればチェンジアップもブレーキの効いたキレッキレのカーブも、今よりもっと活きてきます。楽に打ち取れるようになります。

 - 緒方孝市, 野村祐輔