カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

緒方新監督とコーチ人事など

      2015/07/31

緒方コーチが監督要請を受諾するようで来季の監督就任が決定的となりました。

去年から次期監督と言われていたので特段驚きもなく、今季の流れを継続していく意味でも内部昇格は妥当だと思います。

ブラウン監督から野村監督になった際には脱ブラウンの流れのもと方針が極端に逆方向へ振れただけに、今回は内部昇格の為そこまで方針が振れなさそうな気がしています。

また報道によると新井コーチと石井コーチが来季もカープに残ってくれる公算が強いようで何よりです。このふたりは去年、今年のカープ躍進の立役者だと個人的には思っているのでホントに嬉しいです。

そして今季の投手コーチは畝コーチと山内コーチでしたが此処にテコ入れがあるのか注目しています。

ここ数年、のむすけ、福井、今村、中村恭、今井と芽が出かけてから伸び悩む投手が多く、今年は中田廉、中崎、戸田、ルーキーの大瀬良、九里なども芽が出かけていますが来季以降どうなるかまだ分かりません。

個人的には今年躍進した中崎、福井、戸田あたりは去年まであった技術的な欠陥が直った、或いは技術的に進歩しての躍進なので来季も期待していますがこればかりはどうなるか不透明です。

若い芽が出てきた事をどう評価するか、また若い芽が主力と呼べるレベルにまで育ち切らないことをどう判断するか、投手コーチのテコ入れから多少は見えてくるのかもしれません。

勿論投手が育ち切らなかったことは投手コーチのみが責任を負うべきことではないですが、ここ5年ほどで確実に主力と呼べるまで育った投手がマエケンのみというのはさみしいです。のむすけや今村が順調にステップアップしていればよかったんですが、この課題は来季に持越しとなりました。

また二軍では内田監督が辞任されました。

内田監督が就任される前の弱かった二軍カープを根本から戦う集団へと変えウエスタンリーグではソフトバンクと首位争いできるレベルまで持っていっていただき、内田監督には感謝の気持ちしかありません。

来季の二軍監督ですが、フェニックスリーグでは水本勝己二軍バッテリーコーチが監督代行を務めていますので水本コーチの昇格の線が濃いのかもしれないですが全然分からないです。一軍二軍共に首脳陣の枠があくのでカープOBに要請、或いは外部招聘の可能性もあります。

一軍の体制も大事ですが二軍の体制も大事ですし選手にとって合う指導者との巡り合いはプロ野球人生の転機にもなる重要な事項です。なんとか選手ひとりひとりの能力が開花するような指導者と巡り合えるように願っています。

特にカープにとってコーチ陣の充実はドラフトと並びチーム強化の根幹をなす部分なだけに、ドラフトへの力の入れようと同レベルでコーチ陣の充実も図ってくれればと期待しています。

最後になりますが野村監督、内田監督今まで長い間ありがとうございました。おそらく何年後かにまたご縁があると思いますのでその際はまたカープをどうぞ宜しくお願いします。

 - 緒方孝市