カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

大瀬良の不調と改善方法について

      2015/07/31

大瀬良大地がプロの壁にぶちあたってもがいています。そんな大瀬良に対し、首脳陣は二軍での調整も視野にいれながらあれこれ模索しているようですね。

首脳陣は私なんかより野球に詳しいので大丈夫だとは思うんですが、個人的に今の大瀬良について心配に思っていることや、こうすればもっと成績よくなるんじゃないの、を書いてみようと思います。いま感情を名詞化してみました。すごくないですか?

大瀬良の持ち球ですが、ストレートとスライダーとカットボールが基本で、たまーにチェンジアップやカーブを投げる感じです。ただスライダーはドロンとした感じでキレはよくないですしカットも大瀬良独特の縦に落ちる変化です。

ということは、球種で左右のゆさぶりをかけれるタイプじゃないんですよね。そんな大瀬良がプロのバッター相手になぜかボール球を使わずベース上でばかり勝負する訳ですから、相手バッターはおもくそ踏み込んできますよね。

ソフトバンク戦からそのパターンの連続で、外角もおもくそ踏み込まれて長打くらっていて、そろそろ改善するかなと思っていましたが、ずっとその繰り返しです。

疲れや球のキレなど色々あるんでしょうけれど、個人的にはこの「ボール球を有効に使えずベース上でばかり勝負する組み立て」が今の大瀬良の不調の原因だと考えています。

フォーム的にも怖さがなくてクセ球でもなくて球種も横のゆさぶりが効かない投手がストライクゾーンの横幅を使わないんですから、当然の帰結として相手バッターは気持ちよくフリースイングできてしまいます。大瀬良は被本塁打率が異常に高いのですが、それもこの横幅を使わない組み立てがひとつの要因になっていると思います。

なので大瀬良に今必要なことは左右のゆさぶりです。特にインコースに投げることです。インコースといっても、相手をのけぞらせる球よりは、膝元あたりのコースです。

膝元あたりに投げて相手のバッティングを足元から崩すことです。一応断っておきますがこれは別にデッドボール推奨とかそういう事ではありません。

単に、今相手バッターは大瀬良に対して気持ちよくスイングできている状態なので、相手バッターが気持ちよくスイングできない状況を作るという事です。

大瀬良はコントロール悪くはないですがアバウトです。1試合あたり120球投げるとして、少なくとも20球くらいは甘い球を投げます。

コントロールがアバウトな投手が甘い球を打たれて、甘い球を打たれたことを反省したとしてもそう上手くいかないです。

基本的にコントロールが良い投手なんてほんとに一握りに過ぎないので、普通の投手は甘い球を投げることをまず念頭に入れて、甘い球でも打ち損じてもらえるような投球をする方が効果的です。

だから大瀬良にはもっとボール球をうまく活用して欲しいと思います。カープバッテリーはボール球を使う時に、外角に外したり高めの釣り球をよく使いますが、内角低めで相手のバッティングを足元から崩すような組み立てをもっともっと取り入れても良いと思います。

1打席の中で3球使えるボール球の使い方をもっともっと上手くなれば、大瀬良も球の質は今のままでも今よりはるかに良い成績をあげられると思っています。

 - 大瀬良大地