カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

大瀬良の不調の原因はホントに疲労なの?

      2015/07/31

今日の試合ですが負けました。
藤浪は良かったですね。あれだけ角度をつけられる投手が140キロ台のカットを投げるんだからボール球にも手出ますよね。

攻略は基本的に失投待ちになると思うのですが、その失投も今日は少なかったです。(1-5になったところまでしか見ていないので8回の投球は知りません。)

ちなみに前回のエントリーで大瀬良の不調の原因を個人的に分析し約1000文字を費やして書いてみたのですが、コメントで一言、「疲労」で片付けられてしまいました。

というか疲労して結果出せないとかダメだと思うんですよね、プロの先発投手として。

それってフィッシャーマンに例えるなら「大潮じゃないと魚釣れません」って言ってるようなものだと思うんですよね。違いますかね。違いますね。

疲労したらストレートがシュート回転するのもまぁ分かるのですが、でもそれって逆に言えば疲労がない状況じゃないと質の良いストレート放れませんって言ってるようなもので、もう一段言い換えるとそれってそもそもシュート回転のストレートがデフォルト設定ってことじゃないかと思うんですよね。

となると二軍でリフレッシュして一軍復帰してもまた疲労がたまると二軍でリフレッシュさせないといけなくなってそれじゃ年間5勝くらいしかできないと思います。

開幕当初の印象が強いので大瀬良はすごい投手のように思えなくもないですが、現状はまだ課題の多い投手です。

エースになるならストレートとチェンジアップとマエケンに習ったらしいスライダーの精度を上げていくことが必要ですが、とりあえず今そんなこと言っても難しいので、現状なにかを変えられるかと言えばそれは投球の組み立てだと思うわけです。

瀬戸内の穏やかな海で腕を磨いた筋金入りのフィッシャーマンである私から見ると、やはり大瀬良にとって今一番必要なものは相手バッターに踏み込ませないようにすること、つまり内外のコンビネーションだと思う訳です。

前回書いた内容を繰り返し書くのはフィッシャーマンの流儀に反するので今回は書かないですが、とりあえずローテ投手なら疲れとは上手に付き合うしかない訳ですし、常に疲れているということを想定して取り組まなければならないと思います。

疲れていても調子が悪くても抑えられる、そういう術をもたなくてはいけないです。

大瀬良の潜在能力からすればカープの投手陣の柱になりうる投手だけに、現状の課題をきちんと克服すべきだと思いますし、疲労云々に原因を求めるのは良くないことだと思います。

大潮だろうが小潮だろうが満潮だろうが干潮だろうがいつでも魚を釣り上げられるフィッシャーマンこそが一流のフィッシャーマンだと考えるわけです私は。

 - 大瀬良大地