カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

大瀬良がツーシームを効果的に活用するには

      2015/07/31

とりあえず初回の4点は大瀬良にとってあまりに酷でした。

打ち取った当たりのポテンヒットが2本に、ダブルプレーでチェンジのはずがエラーでランナー二人とも生きて、トドメは大飛球のはずが風で大きく戻されての満塁ホームラン。

ツキも天候も何もかも全てがベイスターズに味方していました。ああいった失点はもうこういう日もある、と思って諦めるしかないです。

まぁそれは本題ではなく、今日は大瀬良が覚えたてのツーシームをどう使うのか楽しみにしてたんですが、まだまだ新しい武器を上手く使いこなせてはいないようでした。

もちろん部分的に効果的に作用はしてたし打ち損じを誘えてはいました。ただ、何というか、新しく買った服をむりくり今までのコーディネートに組み込んでみました的な印象で、新しい服を上手く着こなせてはいないイメージでした。

基本的にツーシームは、相手バッターがストレートだと思って振りに行ったら変化して打ち損じた、という状況を作る為のものなので、ストレートの残像と上手くミックスしないと活きません。

ただ今日の組み立てでは、ツーシームは大瀬良から見て右側に、ストレートは大瀬良から見て左側、といった感じで投げていたのでボールの軌道が全く違います。そうなるとツーシームはなかなか活きないです。

去年からカープバッテリーはこういう組み立てをすることが多く、まぁそれは左右を使うという意図なんだろうな、というのも分かるんですが、ツーシームやシュートなど変化量の小さい変化球ではあまり有効ではありません。

大瀬良はまだツーシームを投手から見て右側にしか投げられないようですが、それなら尚更投手から見て右側にストレートを投げて残像を植え付ける必要があります。

さらに言えば大瀬良にはカットボールというツーシームとそこまで球速の変わらない持ち球もあるので、そっちを活かす手もあります。

ツーシームが投手から見て右側にしか投げられないなら、カットも投手から見て右側に投げれば同じ軌道で二つの残像を植え付けることができます。

バッターからすれば同じような軌道から内に入ってくる変化と外に逃げる変化の両方に対応しなければいけなくなるので打ち損じも増えます。もちろんストライクゾーンをより広く使うことができるのでピッチングの引出しも増えます。

今日見た限りでは、ツーシームの球そのものは結構使えそうなのであとは使い方です。器用なピッチャーなので今後どう修正して新しい武器を上手く活用していくのか。そこを楽しみにしたいと思います。

 - 大瀬良大地