カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

試合に出場することと参加することはまったく別のこと

      2015/07/31

現地観戦ならいざ知らず、テレビ観戦で今日の久保康友投手の姿を見て低く評価する人がいたらちょっとどうかと思いますね、間違いなく。

たしかに今日は結果的にはKOされてしまいましたが、その後のベンチでの表情は素晴らしい表情でした。KOされた投手とは思えないほど試合に集中していたし、同じようなタイプのノムスケの投球を見て研究しているのだろうな、というのがもの凄く伝わってきました。

試合に「出場」することと試合に「参加」することはまったく別のことで、今日の降板後の久保投手はもう出場することはないにしても最後の最後まで試合に参加はしていたし、さすが1軍で先発ローテを守って二桁勝つ投手は違います。

私はだいたいベンチでの表情を見ればその選手が伸びるかどうかわかるのですが、自分の出番じゃない時にぼけーと試合をただ見るだけで参加していない選手もいる中、今日の降板後の久保投手のベンチ内での姿はベイスターズベンチの中で一番試合に集中していた選手だったように見えました。

あ、のむすけのピッチングも素晴らしかったです。

のむすけの良い時と悪い時も結構簡単に見分けがついて、悪い時は上体が前かがみになったり変にねじりを加えたりしている時です。そうなると身体の軸回転がブレて回転が遅くなるので身体の開きは早くなるし腕は横振りになるし投球後に身体が一塁方向に流れます。

今日のノムスケは上体が立っていて体重移動の時に沈み込むバランス、上半身と下半身の連動性も完璧で惚れ惚れするような姿でした。

あれだけ上体が立っていれば軸回転も安定するし、回転自体のスピードも速いので身体もギリギリまで開かないで済むし、腕も上から振れるのでコントロールもキレも良く安心でした。ほとんど長打を打たれる気がしなかったです。

ちなみに選手が試合に出場することと参加することが全く別のことであるのと同様に、ファンも試合を見ることと能動的に観戦することはまったく別のことです。

ただ結果だけを追って試合を見ている気になっているだけだとたとえば今日の久保投手のベンチでの頭の働かせ方なんて気付きもしないのでしょうけれど、能動的に観戦していた私としては相手チームの選手でしたし結果は悪かったですがどうしても良い選手にしか見えませんでした。

 - 久保康友