カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

【有能】佐々岡二軍投手コーチに対する期待【理論派】

      2015/07/31

佐々岡さんが二軍投手コーチに就任することが発表されました。

意外と理論派な佐々岡コーチ

佐々岡さんはテレビの解説などでは根性論や投げ込み論を語るケースが多い為、完全にそっち系のイメージが定着していますが100勝100セーブの結果を出した選手なので当然ピッチング理論は持っています。

私が知る限り佐々岡さんのピッチング理論は
「腕を身体の近くで振る」
「腕を横振りにしない」
「身体の開きを抑える」
「球の出どころを見にくくする」
「小指から投げる」

といったもので、その理論を体得する為に右肩にサッカーボールを置いて右手で抑えながらピッチング動作をするなど身体の使い方をレクチャーしていました。

これ自体はかなり理に適ったフォームですし今のカープ投手陣には合っている可能性があります。

今年はバリントンにノムスケと本来ローテの軸になるべき投手が揃って腕が横振りになり身体の開きが早くなって結果を落とす事態が起こったカープ投手陣なので、今年までのコーチ陣は身体の開きや腕の横振りを不問にしていた、或いは指導する理論がなかった可能性があります。

そこに佐々岡さんが入ることで身体の開きや腕の横振りをきちんと指導でき、成績が向上する投手が出て来るかもしれないです。

マッチするのは池ノ内?

ちなみに個人的に一番マッチしそうなのは池ノ内かと思っています。

二軍の映像は見てないですが今季の一軍での登板を見る限り、球の出どころが見やすくしかも上半身と下半身を連動させるタイミングやリリースのタイミングもおかしいのであの身体運用で普通にボール を放ると3塁方向に球は抜けます。それを手先でコントロールしようとするからコントロールが身につかないという現状です。

更に打者を打ち取る引き出しが少なく、左バッターの外角に逃げるシンカー以外には球の力で打ち損じを待つくらいしか術がなく非常に再現性の低いピッチングをしていました。

二軍成績を見ても51と1/3イニングを投げて被安打59、与四球31、奪三振37、防御率4.21と特筆すべき点がありません。

この成績でしかもピッチングを見る限り一軍では通用しなさそうなのになぜ一軍昇格したのか不思議に思っていました。

ただ球の勢いだけは目を見張るものがあって、それを裏付けるように二軍では51イニングを投げて被本塁打がわずか1という素晴らしい成績です。

二軍で50イニング以上投げて被本塁打1というのは12球団見渡しても池ノ内と篠田とDeNA須田投手と楽天青山投手の4人しかいません。50イニング以上投げたのは72人いてその中で4人しかいないのでかなり優秀な数字です。

そんな池ノ内の課題は明確で、身体の開きが早いことと腕が身体から離れるところと球の出どころが分かりやすいことなので佐々岡コーチの理論がドンピシャでハマる可能性があります。

腕を身体の近くを通るよう意識し球の出どころを見づらくしてリリースポイントがもっとバッター寄りで安定すれば三塁方向にボールが抜けることも減り、打ち取る引き出しも増え急成長するかもしれないです。

投げ込み主義はどうなる?

ただ投手コーチはひとりの選手を覚醒させれば良いというものではなく、チーム全体のピッチングレベルを向上させることがもっとも重要でその為には選手ひとりひとりの身体の作りを理解し各々に合った指導が必要になります。

佐々岡さんは現役時代、走るのが嫌いだから投げ込みで身体を作った、というかなり特殊な方法で成長した投手です。

これは佐々岡さんの身体だからできたことで自分の成功体験を他人に当てはめると非常によろしくないです。

佐々岡さんの現役時代のフォームを見ると下半身は意外と安定しています。さらに特筆すべき点は股関節の使い方が天才的にスムーズで上手いところです。これだけスムーズな股関節の使い方ができればたしかに投げ込みをしても故障のリスクは低いです。

ただそれは佐々岡さんが天才で特殊体質なだけであって、今のカープには股関節の使い方が上手くない投手や下半身が安定していない投手も多いです。

こういった投手が身体を作る前に投げ込みをすると身体の使い方に変なクセがついて故障や伸び悩みに繋がります。そういった事態を防ぐ為に下半身強化や体幹強化は怠らないことが大事になりそうです。

コーチングは大事

あとはやっぱりマネージメント理論というか若い子たちとのコミュニケーションの取り方は事前に知っておいた方が良さそうな気がします。

今の時代は理論が的確でも伝え方がマズイと伝わらないし、指導者にとってマネージメントやコーチング理論は必要不可欠な要素になってきています。

たとえば元カープの西山秀二さんなんて解説を聞く限り理論や着眼点は素晴らしいのに、伝え方がマイナスのベクトルを向くことが多く随分損をしている印象です。もうちょっとマネージメントやコーチング理論を指導に活かせば相当優秀なバッテリーコーチになりそうな気がします。

それはさておき一応念のため、佐々岡コーチにも球団職員さんがコーチングやマネージメントの本をプレゼントすれば良いと思っています。

あとは二軍投手コーチに佐々岡さんが就任するとなると一軍投手コーチには幹英コーチの昇格が現実的な線かと思います。

でも畝コーチと幹英コーチの2人体勢はちょっと心許ないです。野手出身の緒方監督を投手起用の面でサポートできるヘッド格の投手コーチが必要な気がします。

個人的には権藤さんや元日ハムの吉井さんなど、あと可能性は低いですが桑田さんなど外部から招聘しても良さそうな気がします。

大物をヘッド兼投手コーチとして招聘し幹英コーチを一軍に昇格させて、野手陣からの信頼も厚い畝コーチは投手コーチの冠を外しチーム全体を見れるよう配置転換を行うのがバランス取れていて良いかなぁなんて妄想しています。

 - 佐々岡真司