カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

今季初?丸で勝てた試合。あとストッパー中崎について。

      2015/07/31

今日はマエケンの調子がすこぶる良く静かな展開が続く試合でした。7回までは。

8回からはもうアップアップでなんとか凌いだ展開というか、かなり負けの色濃い展開でした。

そんな展開を救ったのが丸の満塁ホームラン。

正直本調子には程遠いですし1球ごとに良いスイングと悪いスイングがハッキリと分かれ、良いスイング1:悪いスイング2くらいの割合です。

ちなみに丸の良くないスイングは体重が後ろに乗って完全に腰が死んでいて、ど真ん中の球に対して外のボール球をギリギリカットするような苦しいスイングになります。

逆に良いスイングは投手に対し真っ直ぐ踏み込めています。真っ直ぐ踏み込めるから腰の回転も軸がしっかり固定され自然な状態でスイングできます。

で、今日の金森から放ったホームランのスイングはまぁ見事なスイングでした。本能というか反応でうまく打てたスイングでした。入って来る球だったので、というのもありますが、あの場面で良いスイングが出たことは良かったです。

あの1発で今日の試合は拾えました。

去年は丸で勝った試合は相当数ありましたが、今季に入って丸で勝てた試合、とハッキリ言える試合は今日がはじめてか2試合目くらいではないでしょうか。

解説の前田さんも心配していましたしまだ全然調子は良くないですしこんな1発程度で満足してもらっても困るし、本来はもっと数字を残せる選手です。

ここから良いスイングの割合を増やしていけば3割前後にまですぐ打率も上がります。

クローザー中崎はもう危険水域

今日は丸の1発で勝てた試合でしたが、あの1発が無ければリリーフ陣が踏ん張れず落としていた試合でした。

特に中崎に関しては今年に入ってからすでに何度か書いていますが、去年の良い時のピッチングで感じられた阪神のストッパーのオスンファン感がまったく感じられません。

今の中崎は謎のクロス踏み込みによって、踏み込む左足の股関節からひざ関節にかけてのつっかえ感がスゴイです。

ひざ関節がつっかえるから当然フォームのバランスは悪くなるし踏み込みが浅いので前に体重が全然乗りません。

前に体重が乗らず前で放れないから変化球の曲がりも早くなり、結果的に変化球で空振りが取れず見極められカウントが悪くなります。

ちなみに今日は29球のうち9球が変化球でしたが空振りは1球もありませんでした。というか空振りになりそうな気配がありません。これはちょっと苦しいです。

変化球が見極められカウントが悪くなるからしかたなしにストレートを放らざるを得ない訳ですが、そのストレートにもオスンファン感バリバリの破壊力がまったくないので当然の帰結として打たれます。

中崎がストッパーとして君臨するにはオスンファン感を取り戻すこと

前にも書きましたが、結局のところ今中崎が打たれているのはメンタルや精神的なものではなく技術的な問題です。打たれる理由があるから結果的に打たれているだけです。

とにかくなるべく早めに去年のオスンファン感を取り戻して、しっかりと前に体重を乗せて投げられるようにならないとストッパーは務まりません。

その為にもきちんとバッターに対し真っ直ぐ踏み込んでいくことが必要なように思えます。まっすぐ踏み込めれば股関節からひざ関節にかけてのつっかえもなくなるし、踏み込みも深く前に体重を乗せられます。

しっかり前に体重を乗せれば、あとはそのまま上半身ごと前に放り投げるような感じでボールに全体重を乗せて投げれば良いだけです。それで去年のあのオスンファンピッチングは復活するはずです。

前で放れれば球に体重が乗ってエゲツナイ球威になるし、変化球もバッターの近くで曲がるようになって空振りも取れます。そうなれば十分ストッパーを務められます。

ヒースの復調が先か中崎の復調が先か分かりませんが、どちらもダメなら現状ザガースキーしかいないですが、とにかく誰かがどっしりとクローザーとして君臨し、取れる試合は確実に取ることが優勝のための必須条件です。

 - 中崎翔太, 丸佳浩