カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

田中広輔のヘッドスライディングにグッと来た

      2015/07/31

カープは開幕してからずっと開幕しないままいましたが、昨日ようやくカープも開幕しました。

絶不調まえけんが最後の気力を振り絞って投げた球がライト前に飛び、ライトの野間がレーザービームでホームに返球し會澤がけっこうコワイブロックでなんとか失点を防いだ7回裏。

そして次のイニング。シーズン入りしてからずっとオープン戦の延長のような調整感覚でなんとなーくの戦い方を続けていた(ように見えてしまう)カープでしたが、8回表の田中がヘッスラで執念の内野安打をもぎ取った場面。あそこでようやく開幕しました。ギアが入りました。

その後野間が低めの難しい球をフルスイングしてタイムリーヒットを放ち3塁まで到達して開幕は確固たるものになりました。

現在スイング改造中の野間はまだまだ改善の余地のあるバッティングですが、スイングそのものの鋭さは相変わらずです。細いけど身体の軸はしっかりしていて身体の軸回転を使えるバッターなので打球は飛びます。良いバッターです。

あとは投手陣かなぁという印象です。

昨日のまえけんしかり中崎しかり、全体的にピッチングに溜めや粘りがないのが気になります。粘りというのはランナーを出しても返さない粘りではなく、文字通りの粘りです。ピッチングを物理現象として見た時の粘りです。

去年の中崎の良い時はもっと下半身から始動してグッと前に体重を移動させ、→ 腰を回転させて、→ 腰の回転を背骨に伝えて、→ 背骨を回転させることで腕が振られる。

その一連の流れがグワンとしていて粘りがありました。そこが今年はどうもイマイチなのが気になります。

勝つ負けるは勝負なのでどうなるか分からないですが勝てても負けてもやるべきプレーをきちんとする事の方が大事だし、締まったプレーをしていれば勝つ確率は少なくとも上がります。

とりあえず野手陣は締まってきた印象です。欲を言えば昨日の試合を勝てていればよかったんですが、まぁ勝つ要素より負ける要素が多かったのでしょうがないです。国吉投手は長身シュート回転系ピッチャーなのでセンターから逆方向狙って打つような、去年藤浪を打った時のようにチーム一丸となって決めて打つ感じで臨めば勝ててた試合です。あそこで完全に潰せなかったのが痛かったです。

でもとりあえず昨日の田中のヘッスラで何かが変わった気がします。田中にはこの調子で、さらに言えばもっともっとアグレッシブにチームを引っ張って行って欲しいです。内野安打もぎ取った後にベンチに向かってガッツポーズ作って味方を鼓舞するくらいの図々しさを出してくれれば尚良しです。

 - 田中広輔