カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

カープは山口、西村、マシソンを攻略すれば巨人に勝てる

      2015/07/31

巨人はもう絶対王者ではなくて10-0で勝つような戦い方もしていなくて投手陣は3点以内に抑えて野手は4点以上取る、という野球をしています。

そしてそのゲームプランを成立させているのが山口西村マシソンの3枚です。

CSだと短期決戦なので久保や澤村もリリーフに入ってきてカープからするとキツくなりますが、現状は山口西村マシソンの3枚で成立しているチームです。

あの3枚がいるから先発は6回3失点でも4-3で勝つゲームプランは成立するし、野手も1点を取るようなキュウキュウした戦い方ではなく4点を取る前提で臨むので接戦でも焦りがあまりありません。

ただその3枚も現状は万全とは言えず全員が防御率3点台。

今日カープが満塁まで追い込んだ場面で巨人が山口も西村も変えなかったのは、もうこの3枚で戦うと腹をくくっているとも言えますし、この3枚以外のリリーフ陣への信頼は一段下になるというか、まぁとにかくこの3枚が打たれたらしょうがない、という割り切りなのだと思います。

ということはカープからすれば山口西村マシソンの3枚を打ち崩せば、巨人というチームのゲームプランを根底から覆すことが可能になります。

今日は満塁まで攻めたけどその後が続かなかったので残念でしたが、明日以降山口西村マシソンの3枚を打ち崩せば、巨人はおそらくカープアレルギーになるのではないかと思います。

それくらい今の巨人にとって山口西村マシソンが命綱になっているということでもあって、それはカープにとっては付け入る隙でもあるということです。

私にはもう見えました。

巨人というチームにカープアレルギーを植え付けるには山口西村マシソンの3人を機能不全にすれば良いだけです。それだけで巨人はカープに恐怖心を抱くと思います。

あまり巨人を意識して特別視するのは個人的には良くないことだと考えていますし、カープが謙虚になりすぎて相手を過度にリスペクトするのも良くないことだと考えています。

冷静に見れば巨人の命綱は山口西村マシソンの3人であると同時にそこは急所でもあります。そこさえ崩せば巨人のゲームプランは成立しません。

カープはそこを徹底して狙っていけば今後数年間にわたり対巨人戦を優位に進めていくことが可能になります。だからこそ今日は打って欲しかったです。

まぁ終わったことはしょうがないです。

ただ、明日以降巨人にカープアレルギーを植え付ける道筋はハッキリしました。

私には見えました。

 - 対巨人戦