カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

畝コーチの投手起用に関し、決断を先送りせずリスクを負うことを求めたい

      2015/07/31

大瀬良リリーフ転向の知らせで受けた衝撃をさらに上回ったのはいきなりのイニング跨ぎでしたが、昨日の試合でもヒースがイニングをまたぎ打たれ、戸田が後を継ぎまた四球を出し、中田が最終的に打たれサヨナラ負けでした。

選手起用や采配に文句は言いたくない派ですが、それでもどうしても畝コーチの投手起用には気になる点があります。

大瀬良をどう使うつもりなのか

畝コーチの発言が紙面に載っていてそれを見ると
「後ろがしっかりしないし、大瀬良自身のリフレッシュ目的というのもある。だからすぐ先発に戻すかもしれないし、よければ据え置きの可能性もある。」的な感じでした。

紙面のコメントなのでどこまで信用できるか不明ですが、今後の起用法については現状かなり流動的な状況のようです。

というかまぁ印象としては決断を先送りしながらリスクを負いたがらないような姿勢に見えなくもありません。

畝コーチはリスクを負いたがらない?

なんとなく気になっているのは畝コーチがリスクを負いたがらないというか、結論をなるべく先送り先送りにしている印象を受けてしまうところです。

大瀬良の起用法しかり、昨日のヒースのイニングまたぎしかり。結果的に抑えれば良いんですが抑えられないと次は戸田を出す。戸田が無理なら中田、と。

ブルペンとどのように連絡を取っているのか分からないですが、基本的にリリーフ投手は行く場面がハッキリしないと調整は難しいです。

昨日のヒースイニング跨ぎからの戸田への継投では、
「基本的にヒースを続投させるつもり。ただランナーが出たら戸田に行ってもらう可能性もあるからそのつもりで用意しといて。」みたいな起用法に見えましたが、それは正直ブルペンにいる投手にとって酷すぎます。気持ちの作り方が難しすぎます。

リリーフ投手はブルペンで肩だけでなく気持ちも作る訳ですから、事前に行くイニングや役割をある程度明確にしておくことが大事になります。

ヒースが8回を抑えたのなら、「同点なら9回は戸田で行く。」としっかり決めてイニング頭から準備万端で戸田が出ていれば結果が違った可能性はあります。少なくとも投手にとってはそちらの方が調整しやすいです。

100歩譲っても「同点なら戸田。勝ち越したら中崎。」くらいの流動性で抑えておかなければ結果が悪くても選手のせいのみにはできません。

畝コーチは過去の実績にとらわれ過ぎ?

あとは気になるのが特定の投手ばかりを優先的に起用し、一部の投手は一軍に上げてもなかなか登板機会が与えられない点です。

前回の飯田や今回上げた西原にしてもそうです。西武ドームはブルペンが見えますが、戸田や中田や中崎ばかりが準備をして西原が準備している場面はあまり見かけませんでした。

当然、いきなり厳しい場面で起用するのは可哀そう、というのもありますが、それを差し引いても特定の選手への起用機会の偏りがスゴイです。

一岡を諦めずに使い続け手遅れになって二軍に降格させ、中崎も調子が万全にならないまま使い続けています。

中田も昨日はストレートを11球投げて140キロ超えはたったの1球です。調子は悪いのにその中田を使う。

今村にしても良い球が良いコースに行けば抑えられるけど、そのどちらかが欠ければ苦しい投球になり、両方欠けるとほぼ確実に失点する、という状況の中、何度も期待して起用してきました。

結局、過去のシーズンで結果を出した投手しか信用できていないというか、過去の良い時のイメージをずっと引きずったまま今の姿が見えていないような印象は受けます。

現在の調子で見れば今井なんて良いピッチングをしているんですからまず勝ちパターンで使う投手候補の筆頭に挙がってもおかしくないです。ただ畝コーチの構想に今井は入っていないのかもしれません。なぜなら今井には勝ちパターンで投げた時の良いイメージが畝コーチの脳内に存在しないから。仮にそうだとすると今井が少し不憫です。

過去のイメージに引っ張られずに現状を把握する

結局のところ、過去のイメージではなく現在の力量を把握し選手の調子を見極め、起用法を決めることが大事です。

昨日のヒースはマウンドが全然合わず8回の時点で何度もマウンドを気にするそぶりを見せていました。フォームのバランスもかなり悪い球が多く、あの調子のヒースをイニング跨ぎで続投させる、という判断は正直目を疑います。

一昨日の大瀬良にしても同じです。

リリーフに転向して「表情に気合が入っていた」とか「球威があった」とか言われていますが、正直言えば見るからにダメな大瀬良でした。

骨盤というか股関節が寝ていました。お尻が突き出ていました。あの状態では背骨の回転も鈍るし回転軸が傾くので腕が横振りになります。

だからコントロールがばらつきます。

先発で最後に登板した日にストレートでバンバン空振りを取っていた訳ですが、あの時空振りを取れていた時のフォームとはまったく違っていました。

投球フォーム自体は畝コーチはそこまで関係なく大瀬良の責任であって、気合を入れた表情をするならまず根本的なピッチングの質を良くする方が先決です。

尻を突きださない、骨盤を立てる、股関節を回転させ背骨を回転させる、背骨の回転軸を地面に対しなるべく垂直にする、背骨の回転を腕の縦回転に繋げる、という一連の行為の質を高めることがまず先決です。

それがきちんとできていれば先発最後のピッチングで空振りをバンバン取れていた時のような質の良い球が行きます。

畝コーチには決断をすること、リスクを負うことを求めたい

大瀬良のピッチングはさておき、畝コーチにはもう少し選手の調子を把握し、決断を下すこと、決断に対して責任を負うこと、そのリスクを負うことを求めたいです。

とにかく今やっている「できれば今マウンドに立っている投手にそのまま投げて欲しい、でもランナーが出たら次の投手をマウンドに送る予定。ブルペンはそのつもりでね。」みたいな起用法は止めて欲しいです。

この回はこの投手で行く、次の回はこの投手で行く、と基本的に起用法やイニングや役割を決めること。

その上でマウンドにいる投手の調子をある程度正確に把握する。必要であればブルペンと連絡をきちんと取り、次の投手がマウンドに行くシチュエーションをある程度限定する。

そういう起用法をすることがリリーフ陣整備につながってきます。

ちなみに武内に関して初回は見れてないので分からないですが、それ以降は球の力はそこそこありました。変化球も腕が振れている時は空振りが取れます。

ただ失点した4回はランナーが出てからのリズムが一定になっていました。ランナーを見る、前を向く、振りかぶる、投げる。そのリズムが単調になるとバッターもタイミングを取りやすくなります。

リズムを変えること、バッターのタイミングをいかにずらすか、そこを意識して二軍で頑張ればまた一軍で出番があると思います。

 - 畝龍実, 首脳陣