カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

薮田和樹にプロの洗礼

      2015/07/31

アウトレイジというシブいニックネームがついた薮田のプロ第二戦は少し残念な結果に終わりました。

初回から大荒れだったみたいですが初回は見れず2回から見ました。で、これがもうアウトレイジ感が全くなく、アマチュア選手がストラックアウトをやっているような、手先でコントロールする感じのフォームになっていました。

スピードガン表示がない球場でしたが、見た感じでは5球に1球ほどの割合で行く良い球を除き、ほとんどのストレートは140キロ台前半程度だったように思います。

しかも置きにいくフォームなので変化球の抜けも悪くストライクが取れず苦しいピッチングになっていました。

端的に言って、巨人戦で投げていた薮田と昨日の薮田は別人でした。

だから巨人は打線の調子が悪いから通用したけどDeNA打線には通用しなかった、とかそういう感じではないです。むしろ自滅です。ただ逆に言えば、自分のピッチングさえできればそれなりに抑えられる投手です。

身体全体を大きく使って投げることの大事さ

初回を見れていないのでなんとも言えないですが、初回は四球を3つも出していたようです。

そのせいで置きにいく感じの小手先でコントロールしようとするような投げ方になっていたのか分からないですが、2回からのピッチングはまったく身体全身を大きく使えていませんでした。あれではアウトレイジ感は出ないです。

どのみち小手先でコントロールしても四隅に投げ込めるほどのコントロールはないんですから、もっと自分の身体を大きく使って、身体全体で投げることがまず第一歩になります。

4回はもうすでにヘロヘロでバテバテでしたが、大きく身体全身を使って投げて、リリースまでストレスなく身体全身が連動して動くようになればある程度球数を放っても疲れずにすみます。

まぁ今回の一軍昇格はお試し期間のようなものだと思うので、今回の一軍体験を二軍に持ち帰り練習に活かし、来年以降しっかり一軍で戦力になれれば良いかなと思います。

昨日もヘロヘロでどうしようもないピッチングでしたが、5,6球に1球くらいは良い球があったし素質が図抜けているのは間違いないです。

強い球を左右に。変化球は低めに。

昨日の解説は去年まで23番を背負っていた横山さんでした。

横山さんも言っていましたが、薮田が細かいコントロールを気にしていてもしょうがないです。アウトレイジ感を出すにはもっと大胆にならないといけません。

強いストレートは低めなんて狙わなくて良いからとりあえず左右に。
変化球はコース関係なくとりあえず低め。

それだけ意識して投げれば上でも余裕で通用します。横山さんもそう言ってました。それくらい球自体のポテンシャルは素晴らしいです。

と、ここまでアウトレイジ連発していてなんですが、北野映画でもっとも好きな映画は、あの夏、いちばん静かな海です。あれは良い映画です。

 - 薮田和樹