カープについて俺はそう考える

カープについてカープファンの管理人が考えたことをあれこれ書くブログです。

*

薮田和樹プロ初勝利と、小窪魂の右打ち。

      2015/07/31

だから何でその点差でヒース・戸田・大瀬良なんだ、というのは置いといて、今日は薮田が無事プロ初登板初先発巨人戦でプロ初勝利を挙げたことを喜びたいと思います。

ちなみにヒース戸田大瀬良ぶっこみ祭りは個人的に微妙ですが、薮田を5回で降ろしたのは大正解だったと思います。これで薮田には良い印象だけが残りました。

6回まで引っ張って失点して変わるよりは5回で降りた方が断然後味が良いです。降板のタイミングはバッチリでした。

とにかく初勝利おめでとうという感じですが、というかもう全イニングが見どころ満載で濃密なピッチングでした。

初回はさすがに間に合わず2回から薮田のピッチングを見た訳ですが、前評判ではストレートとフォーク、という感じでしたが実際の投球を見ると変化球の精度がかなり高いです。曲がりが鋭いです。しかもきちんとストライクが取れるのがまず素晴らしいです。

スライダーというかカットも良かったですし、大きなカーブも効果的でした。さらにツーシームの滑り具合も良い感じです。ツーシームはもうちょっとバッター寄りで変化するとさらに良い感じになりそうです。もちろんフォークの抜けも素晴らしいです。

薮田2回のピッチング

初回は見れずこのイニングが薮田の初見でしたが、とにかくスライダーでストライク取れるんだ、というのが強く印象に残りました。

巨人のバッターもストレートピッチャーというイメージでストレートに合わせていたので、変化球を使って追い込むまでは全くバッティングになっていませんでした。

変化球を使って追いこんでしまえば150キロ近いストレートで仕留められるし、もちろん変化球の精度も高いのでどちらを使っても良い訳です。このイニングは素晴らしかったです。

薮田3回のピッチング

この回はもったいないピッチングでした。

とくに、初回にストレートを思い切り叩かれた長野に対し初球ストレートの選択はビビりました。ほぼストレート一本待ちのバッターにストレートを投げる訳ですからまぁ打たれます。この場面は残念でした。

ただそこからまた見どころ満載のピッチングが続きます。とくに坂本に対するピッチングが濃密でした。

まず坂本に対して初球変化球で入り、坂本は完全にストレート待ちの見送り方をします。

そこから3球ボールが続き3-1のカウントになりますが、ここでそのまま四球にならないあたりが素晴らしいです。

まず3-1からめちゃくちゃ落ちる変化球で空振りを奪います。完全にストレートに絞って決め打ちモードの坂本でしたが、この変化球で坂本の中に迷いが生まれます。

空振りでフルカウントになって薮田はストレートを放る訳ですが、坂本は完全に振り遅れてファールになります。このあたりは前の変化球が絶妙に効いています。

次の球は決めに行ったフォークで、これは坂本が見切り結果的に四球になりましたが、3-1からそのまま四球にならずきちんと勝負をした結果の四球でした。結果ではなく内容を見れば、この四球は内容のある四球です。

極め付けは薮田5回のピッチング

自らのバント処理のミスでピンチを作り坂本にも打たれ満塁で阿部を迎えた場面。ここが圧巻でした。

阿部に対しここまで変化球を駆使して打ち取っていてこの打席はどうするかと思って見ていると、初球は満塁の定石であるフォークで入りましたが、そこから魂のストレート2連続で打ち取りました。

これも前の打席で変化球を意識させたからこそストレートで打ち取れた訳ですし、なんでもかんでもストレートが攻めで変化球はかわし、というものではありません。全ては組み合わせの妙です。

むしろストレートばかり投げる投手は逃げの投手です。変化球を放る勇気がないだけです。でも薮田は攻めの変化球を使えていたのでこのピンチをきちんと抑えることができました。

薮田はピッチングができる先発タイプの投手

前評判のイメージでは抑え向きなのかなと思っていましたが、実際に今日のピッチングを見た限りでは印象がガラリと変わりました。

思っていたよりもピッチングができる投手です。とりあえずストレートとフォークでゴリ押しする投手じゃないです。精度の高い変化球を上手く使い、もちろんストレートのキレも素晴らしく、組み立ての妙で抑えることができる投手です。

しかもテイクバックが小さいので余計に打ちづらいという特徴付き。良い感じです。

あと地味によかったのが4回の薮田の打席です。

結果的に3バント失敗になる訳ですが、阿部の動きを見る限り素直にバントさせず打たせたのは正解です。結果的に追い込まれ3バント失敗になる訳ですが、なんと薮田はあの場面で3塁方向に狙ったバントをしていました。

もしあの場面で1塁方向に転がしていたらおそらく阿部にやられていた可能性が非常に高いです。結果はバント失敗でしたが、内容のある打席でした。

6回の6得点は小窪のおかげ

そして勝負を分けた6回の攻撃ですが、大量得点になったのは小窪のあの魂の右打ちタイムリーのお陰だと個人的には考えます。

当たり自体はコロコロと1,2塁間を転がるシブい当たりでしたが、絶対に薮田に勝利をプレゼントするんだという小窪の強い意志が込められた魂の右打ちでした。

そこからあれよあれよと6得点になる訳ですが、キーポイントは小窪でした。たった1打席の1球ですが素晴らしい活躍でした。

小窪は頼りになる男です。野手版男気と言えば個人的には断然小窪です。本当に素晴らしい右打ちでした。

 - 小窪哲也, 薮田和樹